独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

旅キャラBOSSの細やかなイメチェン&スタンプ情報と近況報告

f:id:KENZ8:20201019122833j:plain

2020年10月19日

 

今週も始まりましたね。

働きだすと曜日感覚が戻ります。

 

深夜勤務が終わり、

そろそろ少し寝て、

夕方頃に起きて、夕飯を作り、

また寝て明日からは遺跡発掘です。

 

朝型と夜型を両立する働き方は、

正直難しいですね。

 

でも、契約も年内迄ですので、

睡眠を大事に頑張ります!

f:id:KENZ8:20201019122856j:plain

最近BOSSがイメチェンしました。笑

 

姉が姉ぷーのアームカバーを作成し、

サイズが合わず失敗したものが、

BOSS用にカスタムされ、

お揃いとなりました。

f:id:KENZ8:20201019122931j:plain

可愛いですね~

見事にジャストフィットです。

f:id:KENZ8:20201019122956j:plain

寝ている所を起こしてしまったので、

姉プーの目がショボショボ。

右端に見える毛は弟プーの足です。笑

 

そして、BOSS君情報です。

 

LINEスタンプ第4弾が販売となりました。

 

f:id:KENZ8:20201019121914j:plain

f:id:KENZ8:20201019121925j:plain

今回も16個で、

時期的に紅葉など季節感を出してみました。

 

 

良かったらご使用ください。笑

 

買って頂ける方は、

LINE→スタンプ→検索→KENZ8と入力→

リエーターズを選択すると出ます。

 

f:id:KENZ8:20201019122010j:plain

秋と言えば、紅葉ですね。

f:id:KENZ8:20201019123441j:plain

写真は11月の中旬に訪れた小田原城

何処か紅葉を撮りに行きたいですね。

 

計画性が無く、

大好きな曼珠沙華(彼岸花)も見頃が終わり、

少し気持ちが落ちました。

 

そろそろカメラを触りたい欲求も高まり、

コロナの様子を見つつ行ければなと。

f:id:KENZ8:20201019123126j:plain

f:id:KENZ8:20201019123226j:plain

小田原城近くで見付けたカフェ。

 

こういう発見も、

外に出て歩く楽しみですね。

f:id:KENZ8:20201019123253j:plain

ただ、

これからの時期は冷えてもくるので、

服装とお天気の確認が大事ですね。

 

何処に行こうか、

何処なら行けるか。。。。。

 

最後に、最近の嬉しかった事。

f:id:KENZ8:20201019122720j:plain

f:id:KENZ8:20201019122742j:plain

土曜日だったかTVで、

プラダを着た悪魔がやっておりました。

 

きちんと作品を観るのは今回が初。

何気なく観ていたらなんと、あの人が登場!

 

f:id:KENZ8:20201019122637j:plain

アン・ハサウェイは美人ですね~

そうではなくて、この後姿。

 

そこにはメンタリストのあの人が。

f:id:KENZ8:20201019122659j:plain

犯罪コンサルタントの、

パトリック・ジェーン。

改め、

セクシー俳優のサイモン・ベイカー

 

プラダを着た悪魔でも色気と、

更に肉体美を披露しておりました。笑

 

海外ドラマ「メンタリスト」に、

魅了されている身にとっては、

こういう瞬間が嬉しいのです。

 

 

では、

こんな感じで近況報告を終わります。

 

 

KENZ8

最近の俺的映画DVD5選をご紹介~美し過ぎる死の天使に魅せられて~

f:id:KENZ8:20201010192137j:plain

2020年10月12日

雨が続いていましたね。

先週の木曜日は一日中雨という事で、

遺跡発掘の仕事はお休みでした。

 

初日は大量の木々や雑草と格闘し、

2日目にやっと土を触りました。

身体を動かし汗をかいて働く。

 

初めての職種ですが性に合っているのか、

意外と楽しく続きそうです。

 

雨で休みでしたので3連休が誕生。

なので久々の映画TIME。

TSUTAYAに行き5作借りました。

f:id:KENZ8:20201009001257j:plain

大きめのTSUTAYAに一度向かいましたが、

この御時勢、先月に閉店しておりました。

 

ネットで映画を観れる時代ですからね。

店舗は広くとも利用客は少ない。

発達し続ける世の中と、

今回のコロナの影響もあるのかなと。

f:id:KENZ8:20201009001327j:plain

なのでいつもの店舗へ。

アナログな人間ですので、

今後もTSUTAYAにお世話になります。

 

では、

鑑賞した順番にご紹介。
 

f:id:KENZ8:20201009001351j:plain

f:id:KENZ8:20201009001401j:plain

 

まず”暗数”という言葉に惹かれました。

Wikipediaによると暗数とは、

統計と実状の差位を表す量。

 

ですので実際に起こった事件でも、

警察が認知しなかった事件は、

統計に含まれないので、

これらの事件は暗数となります。

f:id:KENZ8:20201009001448j:plain

やはり韓国映画は面白いですね。

恋愛系はあまり観ないので分かりませんが、

サスペンス系アクション系、

韓国映画は好きです。

 

刑事と殺人犯との関係性、

駆け引き、騙し騙されという

やり取りが面白く、

テオは本当に7人も殺したのか、

彼はサイコパスなのか、

それとも演じているだけなのか…。

 

また、

刑事として被害者の声を聞く、

暗数だが無かった事にはしない、

そういう信念も好きだなと。

 

実際の事件でもあるそうで、

殺人犯は刑務所で自殺、

刑事は現在も捜索を続けているとの事。

 

続いてはずっと観たかったこちら。

 

f:id:KENZ8:20201009144831j:plain

f:id:KENZ8:20201009144842j:plain

 

とても楽しめました。

テンポも良く常に作品世界に浸れました。

 

あらすじから想像していた内容の、

遥か先、裏の裏を行き、

やはり映画って良いなと再確認。

 

ネタバレになるので書きませんが、

お金ってやはり狂わせますよね。

 

映画の内容とは関係ないですが、

貧乏が成功を収め大金持ちになったり、

元から裕福だと反対の気持ちが

分からなかったり、

お金は稼げても家庭が崩壊していたり、

人生を共にするお金だからこそ、

持ち方、付き合い方は大切だなと。

 

三作目はこちらです。

 

f:id:KENZ8:20201009144910j:plain

f:id:KENZ8:20201009144922j:plain

f:id:KENZ8:20201009145058j:plain


なるほど、なるほどなと。

予想通りの展開でしたが、

暗い映像に音楽の力が重なり、

不気味さを感じました。

 

例え生き返ったとしても、

凶暴になっていたり、

人が変わってしまえば、

もう元の生活には戻れない。

f:id:KENZ8:20201009145143j:plain

大切だからこそ蘇らせたい、

もう一度この手で抱きたい、

気持ちは分からなくは無いですが、

今ある現実との向き合い方を考え、

これからを探さないとなと…。

 

四作目はこちらです。

 

f:id:KENZ8:20201009145207j:plain

f:id:KENZ8:20201009145223j:plain

映画館で観たかったのですが、

観られなかった作品。

 

思春期の少年が連続殺人を行う。

こういうワードから想像するのは、

複雑な家庭環境やサイコパス

先ずは小動物の殺しや解体、

無感情や衝動性、怒り憎しみ、

そんな事を考え観たのですが…。

 

少年は悲惨な家庭で育った訳でも無く、

酒や煙草、素行に問題あれど純粋。

 

とにかく主演の男の子が魅力的。

同性、異性、老若男女問わず、

彼の瞳、笑顔、自然さに魅せられます。

f:id:KENZ8:20201009145234j:plain

実際の事件を元にしていますが、

完全再現ではないです。

 

少年に猟奇性が無さ過ぎて逆に不気味。

血が見たい訳でも無く、

少年にとっては、

その時その時必要性があっての殺人。

 

個人的な解釈ですが、

少年はある意味純粋過ぎた。

生まれた時からの可愛い悪魔。

いつもどんな時も本能に従い行動し、

家主に何も盗むなと言われれば、

言いつけを守り盗まない。

 

車を燃やして来いと言われれば、

素直に燃やしに行く。

 

少年は、

物事の良い悪いの境界線が無く、

だから殺人の自覚も後悔も無い。

あんなに自然に楽しく窃盗する

窃盗犯が居るのかと。

 

撃つ必要が彼の中ではあって、

撃てる物が手元にあるから使う。

 

人がどう殺人鬼へと化して行くのか、

その様子や過程を期待しましたが、

今作は別物でした。

 

少年は悪魔か天使かと聞かれれば、

悪魔とはとても言えない。

死の天使と呼ばれているそうです。

…彼は何者なのだろうか。

 

実際の事件は1971~1972年の間で

12人を殺害し、また殺人未遂、

多くの窃盗、強姦等をし、

20歳になった直後に逮捕。

終身刑を言い渡され現在も服役中。

 

少年を演じた俳優のハマり具合が

とにかく素晴らしい。

 

未成年が銃を持てる環境にある事も、

殺人が加速した原因かなとも。

 

 

5作目はこちら。

f:id:KENZ8:20201009001625j:plain

f:id:KENZ8:20201009001638j:plain

 

こちらはちょっとした知り合いが出演。

気になったので観てみました。

 

個人的には若者特有の思春期の感情、

ヒップホップ、ラップ、ドラッグ…。

 

通って来た世界が違うせいか、

作品世界には入れませんでした。

f:id:KENZ8:20201009001902j:plain

ただ、

音楽業界や人の裏切り、大麻栽培等、

こういう世界もあるんだなと勉強。


f:id:KENZ8:20201009001217j:plain

 

もう少ししたら、

紅葉でも撮りに行きたいですね~

 

では、こんな感じで終わります。

 

KENZ8

縁と複雑な思いを感じて~コンフィデンスマンJP プリンセス編~

f:id:KENZ8:20201001110615j:plain

2020年10月1日

10月になりましたね。

肌寒くなり半袖は封印しました。

今年も残す所3か月。

月日の経つ速さについて行けませんね。

 

昨夜は久し振りに映画館に行きました。

コロナも怖いし、

まだかなと思っていたのですが、

映画館のスクリーンで、

竹内結子さん、三浦春馬さんを観るなら、

この作品しか無いと思い行きました。

f:id:KENZ8:20201001110532j:plain

ドラマでも観ていましたし、

内容が凝っていてとても見応えがある作品。

 

ロケ地等、無知での観賞でしたが、

個人的には非常に縁を感じました。

 

先ず、クランクインが2019年9月3日。

自分の誕生日の日でした。

 

更に、ロケ地の一つに、

マレーシアのランカウイがありました。

撮影の一年前に自分は旅で訪れており、

何だか嬉しかったです。

f:id:KENZ8:20201001110753j:plain

そして映画のラストシーンの海辺。

タンジュン・ルービーチも行きました。

f:id:KENZ8:20201001110642j:plain

北の方の静かなビーチと言う印象です。

海外が苦手な小日向文世さんも、

ランカウイ島は良いねと言っており、

凄い分かるなと。

 

作品もコメディの面白さ安定感は勿論、

豪華なキャスト陣、スケール、

全てのシーンが楽しめました。

 

楽しいだけじゃなく感動もあり、

”生きていく”という事も考えさせられ、

素敵な時間でした。

 

相次ぐ芸能人の死。

直接関わった事も無ければ、

舞台で直接観た訳でも無いですが、

素敵な俳優さん達だからこそ、

自分の人生にも深く影響を受けました。

 

悲しいし、寂しいし、悔しいですが、

これまでの人生で残して頂いた、

作品たちに感謝し、

今後もお世話になり続けたいと思います。

 

f:id:KENZ8:20201001110357j:plain

そこそこ昔に買っていたカレーを遂に体験。

ビジュアルが面白いなと思い購入。

f:id:KENZ8:20201001110320j:plain

f:id:KENZ8:20201001110445j:plain

パッケージの様には全く盛り付けられ

ませんでしたが・・・

濃厚でクリーミーでちょい辛。

見た目に反して、

クセも無く美味しかったです。

 

これはまた買いたいなと思う品でした。

これを機に面白レトルト集めも良いなと。笑

 

f:id:KENZ8:20201001103141j:plain

浜崎あゆみさんです。

YouTubeで期間限定のライブバージョンが

あったのを見つけ約4時間観賞。

 

一つの時代を築いてきたアーティスト。

一度はライブを見るべきだと言われる程の、

壮大な世界観。衣装も演出も凝っており、

一つ一つの曲がその時々の自分を

思い出させます。

f:id:KENZ8:20201001103226j:plain

個人的な印象は歌を歌うのではなく、

音に魂を込めて放つという印象。

 

俳優、歌手含め生まれてくる作品は、

一つ一つ命を懸けて送り出しているんだなと

最近は特に思いました。

f:id:KENZ8:20201001103027j:plain

最近、道端で出会う曼珠沙華

色と姿と妙に惹かれます。

 

そして、作業着を買いました。

10月から何年振りかの朝方生活となり、

外仕事なので必要だなと。

f:id:KENZ8:20201001102731j:plain

f:id:KENZ8:20201001102759j:plain

f:id:KENZ8:20201001102831j:plain

ワークマンではなく、ワークランド。

学芸大学駅から歩いて歩いて、

環七通り沿いにあります。

 

9時頃に行きました。

お客さんが誰も居なく二階では、

何度も試着を自由に出来良いなと。笑

f:id:KENZ8:20201001102903j:plain

f:id:KENZ8:20201001102942j:plain

種類が多く迷う事一時間ほど滞在。

どうせなら好きな服着て楽しく、

働きたいですからね。

 

因みに、仕事内容は遺跡発掘。笑

特に歴史が好きと言う訳では無いですが、

面白そうですし働きながらロマンがある。

 

日本の歴史を更に紐解くきっかけになれば、

嬉しいですし誇りをもって働けるなと。

 

という事で、

先ずは続けられる様に健康管理。

f:id:KENZ8:20201001104024j:plain

少し痩せてしまったので気を付けないとなと。

 

 

では、こんな感じで終わります。

 

KENZ8

BOSSのLINEスタンプ第③弾発売&俺的ちょこっと近況報告

f:id:KENZ8:20200917224512j:plain

2020年9月18日

 

涼しく感じる日が増え、

もう秋だなと実感します。

 

時が経つのは早いですね。

特に今年はあっという間に夏が過ぎ、

海水浴もしない年でした。

夏好きには考えられない…。

 

来年は安心して旅に出たり、

遊びに行きたいです。

 

その為にも、今が大事。

再度気を引き締め感染予防!

f:id:KENZ8:20200917224447j:plain

新しい生活様式では無いですが、

部屋で食べるのが基本となりました。

 

写真のお酒はサングリアです。

900円位で売っており、

”リアル サングリア”の文字に惹かれ購入。

スペインだそうです。

 

甘すぎず飲みやすく良かったなと。

次は赤の方を買いたいですね。

 

f:id:KENZ8:20200917223452j:plain

最近ジョギングを始めました。

と言っても短い距離をまだ二回ですが。笑

 

30歳を超え体の衰えを年々実感。

ただ、意外と走れる自分もおり、

ここがチャンスかなと。

 

ここで少しづつでも運動を再開すれば、

フットワークの軽かったあの頃に

戻れるのかなと密かに期待。笑

 

そして、

より心も健康的になればなと。

 

f:id:KENZ8:20200917224259p:plain

 

お知らせです。

 

BOSSのLINEスタンプ第③弾が誕生!

今回はこんな感じであります。

f:id:KENZ8:20200917224157j:plain

秋っぽさとハロウィンを少し意識。

そして個人的にあったら便利だなと思う

スタンプを作成。

 

気になる方、優しい方は、

是非、ご購入下さい。笑

 

f:id:KENZ8:20200917223410j:plain

大好きな大沢在昌さんの文庫を購入。

本屋さんに行くと必ず立ち寄り、

新たな出会いを探します。

 

今回はこういうテイストです。

f:id:KENZ8:20200917223417j:plain

最近でも芸能界で薬物問題がありましたね。

大沢在昌さんの作品はどれも、

リアルな世界が描かれているので、

気になり購入。

 

まだ、

絶賛読み途中ですので感想は無いです。

ただ、やはり作品世界に入りやすく、

読みやすい。

作品が上巻、下巻に分かれているのも、

楽しみが増えて良いですね。

 

では、こんな感じで終わります。

 

KENZ8

 

f:id:KENZ8:20200918051120j:plain

2020誕生日旅②幕張APAデビュー~50階で乾杯&アパ社長BOSS登場

f:id:KENZ8:20200904225321j:plain

2020年9月2日~9月3日

 

続きからの更新です。

 

今回のBOSSはAPA社長風です!笑

目立つ衣装にパールのイヤリング。

良く見かける広告を参考に作成。

f:id:KENZ8:20200904223959j:plain

夕方の海辺にて幕張APAとBOSS。

もっと至近距離で撮りたかったですが、

人目に付き過ぎるので断念…苦笑

 

では、夕飯時間のご紹介です。

ホテル内にはいくつかありますが、

20時近くからで、

また予約無しでも入れるこちらへ。

f:id:KENZ8:20200904224043j:plain

50階にありますレストラン・バー。

 

初めは好きなものを調達し部屋食でもと

考えておりましたが、

せっかくの誕生日旅ですので、

行ってみました。

f:id:KENZ8:20200904224105j:plain

こちらの写真は帰りに撮影。

 

窓側席が一席空いておりましたので

夜景を見ながら頂けました。

f:id:KENZ8:20200904230234j:plain

先ずはキールで乾杯。

スタッフさんはマスクに手袋着用。

入店時にはアルコール消毒。

 

鏡の柱でお隣とも距離があるので、

安心して過ごせました。

f:id:KENZ8:20200904230523j:plain

チーズの盛り合わせ。

嫌いなレーズンがバケットに…!

しかし、

意外と気にならずに頂けました。

f:id:KENZ8:20200904230658j:plain

海老とトマトときのこのアヒージョ。

 

濃い目が好きですが少しさっぱり。

また、バケットが付いておらず、

後から注文。

注文時に提案して頂ければ嬉しいなと。

f:id:KENZ8:20200904230944j:plain

カルパッチョ

レモンを掛け美味しく頂きました。

f:id:KENZ8:20200904231445j:plain

 

f:id:KENZ8:20200904224153j:plain

席の位置によるのですが、

スタジアムの光りが眩しく、

ガラスの汚れが…。

 

視力が良いので大型モニターも

意外と見え不思議な気持ちに。笑

 

外野は上から確認出来ましたが、

動いていないなと。

 

後で結果を見てみれば5回までは

両者点数無く進んでおりました。笑

f:id:KENZ8:20200904224315j:plain

Bar時間になれば更に照明も落ち、

KENZ8はより過ごしやすくなりました。

 

最後はグラスホッパーで終了。

とてもまろやかでクリーミー

グラスホッパーはお店により

全く違うのでそれも楽しみですね。

 

ほろ酔い気分でロビーでまったり。

ゲームコーナーがある事を思い出し

行ってみました。

f:id:KENZ8:20200904224345j:plain

正直に言うと想像よりかも大分狭く、

数台がチラホラ程度。

これはあれ?と思ってしまいました。

 

ただ、

マツモトキヨシが館内にあったり、

24時間営業でコンビニがあったり、

お風呂も広く多かったりと、

素敵ポイントは多いです。

f:id:KENZ8:20200904224413j:plain

一階に外貨両替機があり、

財布にドルが入ったままでしたので両替。

f:id:KENZ8:20200904224437j:plain

4.000円程になり、

お小遣いが増えました。笑

f:id:KENZ8:20200904232523j:plain

部屋に戻り、

ベッドヘッドには”APA”BOSS。

f:id:KENZ8:20200904235300j:plain

カーテンを開ければこんな感じの景色です。

f:id:KENZ8:20200904235345j:plain

夜景と言えば横浜・みなとみらいですが、

しっかりと堪能しました。

f:id:KENZ8:20200904235612j:plain

日頃昼夜逆転で過ごしている為か、

数時間で起きてしまい5時ごろから、

外の天気の急変を観察。

 

今日は雨か~と気を落とせば、

一時間後には晴れている。

f:id:KENZ8:20200904235834j:plain

f:id:KENZ8:20200904235902j:plain

そして、気が付けばまた雨。

発生している台風の影響でしょう。

f:id:KENZ8:20200905000220j:plain

APA社長と有り難く記念撮影。

こちらの本は各部屋にありますが、

誕生日の朝、遂に読破。

f:id:KENZ8:20200905000405j:plain

とても分かり易く読みやすい。

ストレートに熱く温かい言葉が響き、

良い33歳の出発となりました。

 

APAホテルの広告塔となっている

APA社長こと、本谷芙美子さん。

派手な見た目がインパクトとなり、

有名ですが、本当に素敵な方です。

 

どんな時もポジティブに自分を信じて、

家族、社員、関わる全ての人を大切に。

凄いな、素敵だなと思いながら、

これぞ一気読みにて読了。

f:id:KENZ8:20200904224600j:plain

そして10時ごろから温かいお湯に浸かり、

11時にはチェックアウト。

 

追加清算も無いので、

フロントのボックスにカードキーを

入れるだけの簡単チェックアウト。

f:id:KENZ8:20200905001306j:plain

再び雨が降り、

そして一気に晴れ日差しが眩しく暑い。

昼食をイオンで食べ、どうするか。

 

誕生日だし何か買おうかなと思うも、

物も人も今は違うなと。

 

とりあえず帰路に向かい電車へ。

f:id:KENZ8:20200904224829j:plain

チェックイン時に、

APAホテルから貰ったゼリー。

美味しく何だか元気になりました。笑

 

という事で、

もう少し自然に触れたく下車。

f:id:KENZ8:20200905001734j:plain

天気は何とも微妙な状況ですが、

折り畳み傘もありますし向かいます。

f:id:KENZ8:20200905001832j:plain

ガラス張りの建物。

風が強く進むのに苦労しました。

何処でしょう!?

f:id:KENZ8:20200905001953j:plain

やはり海がもう一度観たかったのです。

f:id:KENZ8:20200905002106j:plain

 

こんな感じで誕生日早々、

今までの人生、今後の人生を考え、

モヤモヤしながらも整理されました。

 

未だにふわふわしている自分を、

攻めることなく見守ってくれる

家族にも感謝。

 

気付きをくれたAPA社長にも感謝。

 

人生に遅いは無い!

 

色々と動きましょう。

 

 

 

では、こんな感じで終わります。

 

KENZ8

2020誕生日旅①幕張APAデビュー~夕方の浜辺で生と死を感じて~

f:id:KENZ8:20200904121544j:plain

2020年9月2日~9月3日

 

私事ですが、33歳になりました。

何と言うのか、

中身は子供、見た目はおじさん…。

 

因みに、

9月2日はキアヌ・リーヴス

9月3日はドラえもん、KENZ8

の誕生日です。笑

 

誕生日と言えば、

ここ数年は毎年海外を一人旅。

今年はコロナの影響もあり、

その選択肢は無い。

 

ただ、

やはり一人になり自分と向き合うべく、

近場に宿泊。

以前から気になっていた幕張APAへ。

 

という事で、

9/2~9/3の様子を載せたいと思います。

 

f:id:KENZ8:20200904122521j:plain

海浜幕張駅です。

電車の中からでも独特なAPAの建物は見え、

よって迷うことなく向かえました。

f:id:KENZ8:20200904122557j:plain

屋根付き通路に案内表示も出ており便利。

f:id:KENZ8:20200904122630j:plain

ホテルニューオータニの奥にあります。

地上50階は目立ちます。

ホテル単体の建物としては、

日本最高層のホテルです。

f:id:KENZ8:20200904122738j:plain

館内入口へと到着。

アルコール消毒をして受付へ。

f:id:KENZ8:20200904122802j:plain

広いですね。

夏休みも終わりコロナの影響もあり、

混んでる様子はありません。

 

チェックイン時には検温も実施。

KENZ8はアプリで接触チェックイン

安心、便利で快適です。

f:id:KENZ8:20200904125215j:plain

客室は31階でした。

セントラルタワー高層階ツインを予約。

お値段は一人一泊7.000円!

f:id:KENZ8:20200904125343j:plain

天気はイマイチ。

しかし千葉では降られることも無く

良かったなと。

f:id:KENZ8:20200904125513j:plain

f:id:KENZ8:20200904125534j:plain

オーシャンビューは有り難い。

17時頃のチェックインでした。

APAと夕焼けを撮りたく、

少し休んで行動開始。

f:id:KENZ8:20200904125832j:plain

バスタブは長くしっかりと足が伸ばせます。

f:id:KENZ8:20200904125923j:plain

綿棒やヘアゴム等、

アメニティが揃っているので、

何も持たずに泊まれる所が好きです。

 

では、

陽が落ちるのも早くなったので出発。

f:id:KENZ8:20200904130110j:plain

知らなかったのですが近くには、

ZOZOマリンスタジアムがあり、

この日はロッテVS埼玉西武でした。

f:id:KENZ8:20200904130317j:plain

スタジアムから一番近いホテルがAPA。

なので若い女子やおじさんの野球ファンが

意外と泊っておりました。

客層の不思議にも納得です。

f:id:KENZ8:20200904130555j:plain

そびえ立つ幕張APA。

サイドにはイースト・ウエストタワー。

これにより総客室数2007室

日本最大客室数のホテルとなりました。

f:id:KENZ8:20200904130905j:plain

大きな立体歩道橋を使い移動中。

スタジアムの奥が海エリアなのです。

f:id:KENZ8:20200904131030j:plain

この道を抜け左方向に行ったと思います。

少し木々の中の道を進みます。

照明が少ないので夜間は危ないので

ご注意を。

f:id:KENZ8:20200904131151j:plain

錆びたガードレールの隙間から浜辺へ。

f:id:KENZ8:20200904131403j:plain

いつ降られてもおかしくない天気です。

時期的にも場所的にも一家族以外居らず、

こちら側は貸し切りです。

f:id:KENZ8:20200904131533j:plain

18時も過ぎれば日の入り。

夏の終わりを確かに感じました。

f:id:KENZ8:20200904131637j:plain

スタジアムから選手紹介が聞こえます。笑

後の夕飯時には真上からスタジアムを

見る事になるとは…。

f:id:KENZ8:20200904131842j:plain

正直浜辺は汚いです。

しかし夕焼けと海は美しい。

f:id:KENZ8:20200904131945j:plain

この対比も生と死を感じます。

f:id:KENZ8:20200904132058j:plain

ここからでもAPAホテルは直ぐに判明。

目立ちますね。

目立つと言えば、この子。

f:id:KENZ8:20200904132244j:plain

40㎝はある魚が何故か浜でお亡くなりに。

直ぐ側でも魚が跳ねていたので、

波の勢いで打ち上げられ帰れなく?

真相は分からないですが…。

f:id:KENZ8:20200904132731j:plain

死んでいるのですが生きている様。

ここでの出来事がタイトルにもなりました。

 

自分は旅先でも日常でも、

人間以外の死の姿に何故か出会います。

轢かれて即死の猫ちゃんから、

下半身がちぎられたトカゲ、

鳥、ネズミ、カエル、

フランスではウサギの白骨死体等。

 

不思議ですが遠くにあっても気が付き、

今回も歩いていて見付けた訳でなく、

遠くに違和感を覚え近付きました。

f:id:KENZ8:20200904133432j:plain

そして死にはアート性を感じます。

今回は動かない対象の奥では、

刻々と変わりゆく美しい景色。

f:id:KENZ8:20200904133649j:plain

f:id:KENZ8:20200904133717j:plain

f:id:KENZ8:20200904133834j:plain

なので、せっかくの機会、
色々と撮らせて頂きました。

f:id:KENZ8:20200904134022j:plain

f:id:KENZ8:20200904134116j:plain

f:id:KENZ8:20200904134152j:plain

遠くにはスカイツリーが見えました。

f:id:KENZ8:20200904134236j:plain

f:id:KENZ8:20200904134346j:plain

海は無条件に癒されます。

今年は海外に行けなくても、

海は何処までも繋がっています。

 

誕生日旅で死んだ魚を撮りまくる自分。

旅友のBOSSと行動する自分。

もう33歳。

 

今回のコロナで交友関係も変り、

整理され、新たな環境へ。

f:id:KENZ8:20200904134805j:plain

少し光を当ててみたり。

では、お腹も減りましたし帰ります。

f:id:KENZ8:20200904135123j:plain

光の灯り方が少ないですね。

東京は除外されておりますが、

GOTOキャンペーンでは35%引き!

温泉も充実で遅くまで入れるそうです。

f:id:KENZ8:20200904140037j:plain

どんな試合展開となっているのか。

f:id:KENZ8:20200904140444j:plain

f:id:KENZ8:20200904140540j:plain

f:id:KENZ8:20200904140756j:plain

上りたての月は大きいですね。

f:id:KENZ8:20200904140842j:plain
ホテル周辺には三井アウトレットパークや、

飲食店ビル、イオン等ありますが、

せっかくの幕張APA。

 

結果的には、

ホテルのレストランで夕食を食べました。

 

死体写真と食事の写真を

一緒に載せるのもあれですので…

続きは次回に載せたいと思います。苦笑

 

そして、

APA社長風BOSSも次回にお見せします。

 

f:id:KENZ8:20200904141200j:plain

出発直前に姉プーに、

カメラバックから盗まれていた 帽子。笑

 

今回は羊毛フェルトで作成。

 

 

では、こんな感じで終わります。

 

KENZ8

20年前の”BR”藤原竜也を堪能~最近の俺的DVD映画情報~

f:id:KENZ8:20200826223309j:plain

2020年8月28日

 

最近は深夜に映画を良く観ております。

DSの”とび森”ブームは少し落ち着き、

部屋改装程度で終了。

f:id:KENZ8:20200828171855j:plain

二階の寝室です。

ナポレオンフィッシュの虜となり、

地下室には6匹が居ります。笑

という事で合計7つ子。

 

では、最近の映画報告です。

”騙された系”です。

f:id:KENZ8:20200821231354j:plain

f:id:KENZ8:20200821231405j:plain

数年前に一度観賞し、

その時はまだ全部は理解できず。

 

内容は大まかには知っていても、

普通に楽しめました。

ネタバレは出来ないので書きませんが、

とても巧妙だなと。

 

続いてはこちらです。

f:id:KENZ8:20200821231414j:plain

f:id:KENZ8:20200821231428j:plain

ちょこちょこと流れていた予告の感じとは、

良い意味で違い裏切られました。

 

たまにあるのが、

予告でハラハラドキドキ感を増大し、

実際には完全燃焼出来ずという結果。

 

今回はまさか、そう来たか!

しっかりと楽しめました。

キャストもピッタリで良かったなと。

そして、

現役医師の原作だからこそ、
リアリティが増したのかなと。

 

つづいてはこちら。

f:id:KENZ8:20200826223309j:plain

f:id:KENZ8:20200826223321j:plain

この組み合わせはブームとなったあの作品。

2000年公開のバトルロワイアル

 

もう20年も前の作品です。

公開前に国会で質疑をされるなど、

過激な内容、描写からR15指定となり、

賛否両論巻き起こったそうです。

その頃12歳のKENZ8は観れず。

 

大人になってから一度観賞しましたが、

その頃は表面の殺し合い部分が主で、

作品の深さ、メッセージ性には気づけず。

 

改めて観賞し、

深作欣二監督の描く世界に、

メッセージに心を打たれました。

f:id:KENZ8:20200826223116j:plain

舞台となる学校の教師が、

ビートたけしさんなのがとても大きく、

残酷な事を軽く言う怖さが逆にありました。

f:id:KENZ8:20200826223144j:plain

蜷川幸雄さんに鍛え抜かれたからこそ、

既に現在の藤原竜也さんが此処に居ます。
存在感、熱さ、発声、

見た目は初々しいですが、

やはり藤原竜也さんには引き込まれます。

f:id:KENZ8:20200826223208j:plain

画面に映る強さは唯一無二の柴咲コウさん。

中学生たちが残り一人になるまで

殺し合いを強要される今作。

 

躊躇する者、自殺する者、

共同防衛をする者、立ち向かう者。

柴咲コウさんは生き残るべく、

自ら殺しに行き意志の強さが光ります。

 

ヒロインの女性は前田亜季さんで、

繊細な中にある強さ、優しさ、

藤原竜也さんと生き残るべく、

最後まで奮闘します。

f:id:KENZ8:20200826223237j:plain

若いですね。笑

今も活躍し続けるお二人。

20年前から顔が出来上がっております。

f:id:KENZ8:20200826223252j:plain

こちらの二人は転校生で、

20歳過ぎてから中学生役をやるからこそ、

とても良いスパイスとなっております。

 

中学生たちの殺し合いを、

迫力あるものに変えてくれております。

 

中でも山本太郎さんが個人的には良く、

作品に欠かせない存在だと思います。

 

あくまで個人的な解釈ですけれども、

子供達が武器を持たされ強制的に、

殺し合いをさせられておりますが、

それは社会で生き延びる事の、

例えにも感じます。

 

頭を使って体を使って自らの意志で、

勝ち取り生き続けなければならない。

そして、

最後の一人になって終わりではなく、

ここからが本当に大変なんだと。

 

あまり詳しくは書けませんが、

是非、観て欲しいなと。

 

表面上の殺し合いを、

”不快”の一言で片づけるのではなく、

深作欣二監督が魅せる世界を

感じて貰いたいです。

f:id:KENZ8:20200826223701j:plain

エンディングのこちらの歌が、

非常に作品世界にマッチし、

気持ちよく観終わりました。

 

最後にこちら。

f:id:KENZ8:20200826223728j:plain

高橋一生×蒼井優 ロマンスドール。

f:id:KENZ8:20200828185645j:plain

主演のこのお二人が本当に良いなと。

とにかく繊細な演技が出来るからこそ、

人と人が出会い、繋がり、壊れる等、

自然でリアルだなと。

 

そして言い方は悪いですが、

美男美女でキラキラしていないからこそ、

生身の人間に見え、

作品世界に浸かれるなと。

f:id:KENZ8:20200828185656j:plain

夫婦となり距離が近くなるからこそ、

言葉、会話って大事なんだなと。

そして、

嘘を抱えてのスタートはダメですね。

 

ドール工場の方達も良くて、

押し付けない笑いと涙の作品です。

 

個人的には色々ありましたが、

ピエール滝さんの存在感も好きです。

f:id:KENZ8:20200826223752j:plain

社長役です。

ラブドールは大人のおもちゃ、

風俗用品の様ですが、

シリコン製だったりとリアルです。笑

 

やはり映画TIMEは良いですね。

 

f:id:KENZ8:20200826223821j:plain

写真はイタリアでの1枚。

ピサでピザを食べていた時に撮りました。

 

では、誕生日まで1週間を切りました。

今年はどんな日になるのか。

 

こんな感じで終わります。

 

 

KENZ8