独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

【沖縄編⑤】初上陸”西表島”~ゲストハウス「島時間」&大原地区をご紹介

P9023544

沖縄編、続きからの更新です。

※この旅は2015年の9月。

 最新の情報はご確認下さい


P9013469
夕方風景、
木のシルエットが良いですね。

今回は、八重山諸島の、
西表島(大原地区)】
をご紹介。

 


黒島から戻り、
短時間で色々と悩み考え、
西表島へ行くことに。


西表島は、
東部地区と西部地区で分かれており
石垣島からフェリーに乗る際も
”大原港””上原港”を選んで乗ります。

P9013466

石垣島よりも西表島は広いです。
しかし人口は石垣島の方が多い。

『上原港』、『大原港』
どちらも最終が17:30。

迷った結果”大原”を選択。

P9013486
ん?仲間??


本日、まだ宿無し!
行き当たりばったり行動なKENZ8。

2日は滞在しないとですかね。
来る前に貰ったパンフレットに
『港から徒歩1分!』
ゲストハウスがあるそう!

P9013457
P9013459

P9013455

これですね!空いてるのかな??

後で知った事。
上の写真の信号、
東部地区では唯一の信号です。

とりあえず空室確認をしたい・・・
が、誰も居ない!!

どこかに居るだろうと

無断ですが進入!笑


数分探しても居ない・・・

 

食堂の扉があったので開け、
声をかけると居ました。

”一番高い部屋しか空いていない”

との事。


値段を聞いたところ、
バス・トイレ付き
朝食付きで6,500円!
決まりですね~

P9013453
P9013452
自由スペース。

屋外スペースもあります。
P9013454

では、お部屋へ。

P9013445
P9013446

清潔感もあり、

特にこの藤椅子が有り難い。

P9013450

シャワー室でしたが、問題なし。

自然環境を大切にしている宿な為
シャンプー類も環境重視でチョイス。

港から徒歩1分。

海の近くが良いですな。

P9013498

こんな光景も島らしい。
犬の散歩ではなく、
ヤギの散歩。

P9013502

近くにはスーパーもあり便利。

P9013461
P9013462

P9013463
P9013464

P9013465

意外と充実しております。

しかし、
惣菜コーナーは空っぽ・・・。

よってKENZ8の夕飯は菓子パン。笑


まだ早いので、港付近を歩きます。
P9013473
P9013474
P9013475
ちょっとモードを変えて、

『ドラマチックモード』へ。
P9013481

本当に雲の位置が低いです。

一人でもカメラがあれば楽しい。
P9013488

そろそろ宿に戻りましょう!

P9013497
黒過ぎッ…

でもバイク焼けですので、
隠れている部分は白いという・・・笑



これがKENZ8の今日の夕飯。
P9013513

毎日シークワーサーを飲み続ける日課

P9013515
主食がイチゴメロンパン・・・

そして納豆を買ったが箸が無い!
飲み終わったストローで頑張って…
中々ワイルドに過ごしました。

そして、溜まったブログを更新&
今後の予定等を計画。

気が付けば深夜3:00に。
早く寝なければ!

P9013504

セルフサービス!笑

頭が良いですね~
でも不思議と気にならない。

スタッフさんが親切で、良心的。

〇翌日〇

朝を迎えました。

P9023517
軽い朝食を頂きます。
品数は少ないですがバイキング形式。

10時にチェックアウトなのですが、
民宿でレンタルバイクをやっているので
荷物を預け、出発!

宿泊客だったので1時間600円。

P9023571
大原に居るので目的はこの3つ!

南風見田の浜で海水浴
・仲間川の観賞
由布島での水牛車体験

です。

P9023519
今日も良い天気!
順調に肌が焦げていく。

P9023527
観光シーズンから外れているのか、
人が誰も居ない。

道路では合図は出してはいるものの、
誰にも見られないウィンカー・・・笑

P9023544
P9023530

綺麗な海ですな~
透明度が半端ない!!

14:00の”上原”行のバスに乗るので
ちょっと急ぎ足での観光です。

そして大原港に戻りながら仲間川を観賞。
P9023585

仲間川とは遊覧船も出ており、
日本最大級のマングローブ流域は
天然保護区域で、
国の天然記念物

P9023590

そしてひたすら上昇し、
憧れの由布島へ。

P9023599

由布島は写真も多いので、

次回に載せたいと思います。

 

 

撮影・文章 KENZ8