独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

『2019初ヨーロッパ旅、40日』❷憧れサントリーニ島上陸・初日編

P8310473

■□□■■□□ 説明 ■■□□■■□

2019年8/29出発~10/7帰国(成田)。
ヨーロッパ9カ国を旅して参りました。

ギリシャ→イタリア→スイス
→ドイツ→オランダ→ベルギー
→フランス→ポルトガル
→スペイン

リアルタイムで近況報告を更新し、
こちらは本編として、
多くの写真、旅での出来事、注意点等
載せて行きたいと思っております。

旅慣れしている方にとっては、
要らない部分も多々あると思いますが、
自身も詳しい他のブログで参考となり、
旅に安心して望めた部分もあります。
よって、詳しく載せて行く予定です。

初めましての方も、
ずっと見て頂いている方も含め、
改めて宜しくお願いします。

■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□

ギリシャ 
 ピレウス港~サントリーニ島

港近くの宿をチェックアウトし、
7:25出航の船に乗船。

P8310300

港入り口の電子掲示板を確認するも、
読めない・・・笑

先ずは予約済みのチケットの引き換え。


P8310301

船会社のブースがあるので並びます。
必ず出発30分前には中へ。

船はもっと前から着いておりますので、
早く行くほど良い自由席に座れます。

そして、無事にチケットをゲット。
P8310306_LI

P8310305

係りの人にチケットを見せ船内へ。

P8310307

大きな荷物は邪魔になりますので、
案内表示に従い別に置きます。

P8310308

セキュリティーがある訳でも無いので、
不安でしたが心配なかったです。

P8310310_LI

節約したいKENZ8は一番安い自由席。
室内や屋外好きに選べます。
乗船時間が遅かった為、
選択肢は少なめですがデッキへ。


P8310309

P8310313

外の空気が吸え良いなと。
約7時間半でサントリーニ島です。

P8310316

P8310318

写真とは違う感じでの提供ですが、
食べ物が売っているのは有り難いです。

P8310340

太陽が昇って参りましたね。
こんな感じで落ち着いて乗船。

P8310341

いつでも写真が撮れる様に動きやすい位置。
因みに写っておりますアクションカメラは、
ほぼ今回の旅で出番は無し。苦笑

P8310345

乗船時間2時間も超えてくると、
少し肌寒いですね。
そして、
お腹も減ってきたのでカフェへ。

P8310358

大きなシュガードーナツと
カップチーノ(S)。€7.4(約870円)

※事前に食料を持ち込めば、
更に費用は抑えられます。

そして、風も吹いており、
突如突風にも見舞われるので、
コップから手が離せない。。。笑

P8310378

P8310390

サントリーニ島までは何島か経由。

P8310394

やはり人気の島ですので、
ピーク時には値段が上がります。
なので早目の予約をお勧めします。

P8310396

この時は、
Piraeus→  Santorini 
往復(8/31.9/3)で6.272円でした。
1か月以上前には購入。

P8310415

場所にもよりますが水しぶきも浴び、
全身黒コーデの為、僅かに塩が作成され…。

P8310426

P8310431

席を移動しようかとも思いましたが、
外の風を感じていたいので待機。

P8310438

P8310442

既に2つの島を通過しました。

P8310444

14:50着の予定でしたが、
既に14:57。

果たしてサントリーニ島は終点なのか、
若干不安に襲われました。笑

P8310466

そして、一時間程遅れての到着。
観光客で溢れかえっております。

P8310472

港には大型バスが複数停車。
※港=アティニウス港

島の中心、「フィラ」行きのバスへ。

P8310474

案内も出ておりますが、
再度運転手さんに確認。

車内で€.2.30お支払。
なるべく小銭を用意したり、
€5札等用意しスムーズに。

20分程で到着しますが、
崖沿いを走ったり、面白いです。

P8310478

白いイメージの街ですが、
木まで塗装されているとは驚きです。

P8310481

今回はキャンプ場でもある宿に宿泊。
有難い事に案内が出ておりますので、
迷うことなく進めました。

P8310483

P8310506

こんな感じに至る所に案内が。

P8310502

賑やかな方とは逆方向で静かです。


P8310505

P8310501

サントリーニ キャンピング】

バス停から0.5キロですので、
アクセスも良いと思います。

P8310500

テントを持ち込んでリーズナブルにも、
バストイレ付きの個室でも、
様々な宿泊タイプが選べます。

P8310504

プールサイドにレストランもあり、
出歩きたくない場合にも便利。


P8310499

正面がレセプションですので、
チェックイン手続きを。

事前に支払いは完了しておりますが、
今回は2泊(8/3.9/1)で€70
※予約の際も2泊から可能の様。

P9010708

ドミトリーは正直苦手ですので、
旅の初めですし、個室に宿泊。

ただ、見ての通り簡易部屋。
P8310490

”ダブルテント”という名前です。
バス・トイレは共有で、
シーツ等はセルフサービス。

P8310486

P8310487

ただ、椅子も二つあり、棚もあるので、
意外と快適に過ごせました。笑

天井を可愛く歩くトカゲの影に癒されたり、
沖縄の島生活を思い出しましたね。

P8310493

部屋の前の道にはテント泊スペース。
長旅のバックパッカーや学生、
自然の中で落ち着け、
有難い宿だと思います。

そして、早速街歩きを開始。

DSC_3152

受付にてこの様なカードを渡されます。
裏面が地図で表面はバーコード。

常に携帯して下さいとの事で、
鞄に入れ持ち歩きます。
※チェックアウト時に必要です


P8310513

バス停の所まで来たら、
お土産・観光エリアの始まり。

P8310518

P8310515

サントリーニ産のワインを試飲したり、
リキュールを飲んでみたり。

お店の方もフレンドリーですので、
良い時間だなと。

夕飯を食べるにはまだ早い時間ですが、
レストランのお兄さんが、
フレンドリーに話しかけてくれ、
20%オフのチケットをゲット。

相手の名前を覚え、
夕飯時に戻るかもと伝え、観光再開。

P8310528

P8310531

P8310532

小さなエリアの中に沢山のお店があり、
飽きないですね。

P8310550

海が見えた時は感慨深かったです。
写真スポットでもあるので、
常に人は絶えませんね。

P8310552

青い海と白い街が見下ろせます。

P8310574

P8310576

オーシャンビューの食事処も多く、

店選びにも迷います。

P8310583

手前に写っておりますのが
ロープーウェイ。
断崖絶壁を体験できるんだろうなと。

P8310581

サントリーニ島は、
恋人同士での訪問が多いのかなと。

こんな感じで眺望が素晴らしい宿や、
貸し切りプール付きの宿、
一泊4.5万も出せばセレブ気分ですね。

ただ、本人達はどうなのかは別に、
背後から多くの観光客に見られ、
風景写真と共に撮られ、
快適具合は気になりました。笑

P8310593

19時前位だと思います。

P8310609

サントリーニ島は、
世界一夕日が美しいと言われております。

それはどういう意味なのか。
遮るものが無いからなのか、
気になりつつ街歩き。

P8310631

有名な青い屋根のドームが理想ですが、
それは今居るフィラでは無いので、
明日イアに行き撮る予定です。

P8310579

お腹が減り過ぎましたし、
まだ初日ですので、
夕日を見届けるのは断念。苦笑

P8310630

迷子になりつつも下へと向かい、
夕飯を求めて進みます。

P8310632

結果的には宿方向に近く、
初めに声を掛けてくれたお店へ。

P8310639

19:30 まだお客さんは少ないです。
写真も撮りやすく良い時間。

日本ですと夕飯時間ですが、
夕飯時間の認識も1時間程遅いよう。

P8310638

白ワインとラザニアを注文。
良いスタートを切れているなと実感。

P8310643

P8310647

チーズがたっぷりと乗せられ、
量もしっかりとあります。
味もしっかりしており好きな感じです。

バケットも付き、€10(約1.200円)
会計の際にチケットをくれた方の
名前を言い、無事に割引に。

店内が賑やかになって来ましたし、
お礼を言い退散。

P8310656

若者にはバギーが人気らしく、

至る所で見かけます。


大通りに近く、迷わずに帰路へ。

P8310662

レセプションを通過し、
プールサイドエリアへ。

P8310663

様々な国旗が飾られ、音楽が流れ、
宿泊客の憩いの場です。

右側に行くと宿のある場所です。

P8310665

個室ゾーンを通過し、
トイレ、シャワーブースを通過し、

P8310668

テントゾーンの向かいが宿です。

こちらのエリアはWi-Fiがダメなので、
Wi-Fiが繋がるプールゾーンへ。

P8310680

初めはテーブル席へ着席。
そして、
何か買わないとだめなのかなと思い、
カクテルを購入。

20190901050235

ただ周囲を見ていると、
気にせず好きに過ごしておりました。笑

という事でプールサイドのチェアへ。

外国人を見習って、
もっと自由に生きようと思った瞬間。

島時間に携帯はあまり見たくないなと思い、
電波の無い宿で良かったなと。

P8310687

ベットメイクは得意です。笑
簡単に寝支度をして就寝。

P8310690

何処でも適応できるタイプですので、
海外でも体調が壊れないのが強み。

こんな感じで、
サントリーニ島初日を終えました。


翌日は青と白の世界を求めイアへ。

 

一か月以上経過しての更新ですので、
メモを見つつ、写真を見つつ、
思い出しながら更新。


KENZ8