独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

『2019初ヨーロッパ旅、40日』㉖ポルトガル菓子堪能、アゲダへ

DSC_5108

■□□■■□□ 説明 ■□□■■□□

2019年8/29出発~10/7帰国(成田)。
ヨーロッパ9カ国を旅して参りました。

ギリシャ→イタリア→スイス
→ドイツ→オランダ→ベルギー
→フランス→ポルトガル
→スペイン

リアルタイムで近況報告を更新し、
こちらは本編として、
多くの写真、旅での出来事、注意点等
載せて行きたいと思っております。

旅慣れしている方にとっては、
要らない部分も多々あると思いますが、
自身も詳しい他のブログで参考となり、
旅に安心して臨めた部分もあります。
よって、詳しく載せて行く予定です。

初めましての方も、
ずっと見て頂いている方も含め、
改めて宜しくお願いします。

■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□


● 9/28 ポルトガル・アヴェイロ ●

DSC_5021

続きからの更新です。

ポルトから移動しまして、
アヴェイロ駅に到着。

流れは近況報告28を見て頂き、
今回はより詳しく載せて参ります。

DSC_5022

13:09

カフェ巡りでもしようと思い、
地上に出て参りましたが、
ちょっと雰囲気が違った様な…。

DSC_5023

DSC_5024

ただ、意外と観光客は居ります。
何故かお店が閉まっている率が
少し高めですが。

皆さんは何処へ向かうのでしょうか。

DSC_5026

暑い日差しの中、
駅前の道をひたすら真っ直ぐに進み、
カフェが点在している気配を感じず、
折り返しました。

ただ、せっかくのアヴェイロ駅、
諦めきれずに一本裏の通りへ。

DSC_5040

LATINA

すると飲食店がチラホラ。
その中で美味しそうなお店を発見し、
本日の一食目へ。

DSC_5032

入口のショーケースから選び、
カップチーノも頼み奥の座席へ。

DSC_5034

テーブル同士の間隔、椅子の質、
やっと理想的なcafeに入れたなと。

IMG_20190928_234521

有名なスウィーツを注文。

一つ目は最中の様な見た目の、
”オヴォシュ・モーレシュ”

DSC_5035

写り方が半熟ゆで卵に…笑
濃厚ですが優しい甘さです。

KENZ8のお気に入りは、
”ナタ”です。

DSC_5030

今回の旅で一番多く繰り返し食べた品。

お店、バイキング、空港ラウンジ等、
合計10個は食べ比べました。笑


● ナタについて ●

カスタードクリーム入りタルト。
日本ではエッグタルトと呼ばれる。

※個人的には、
 日本の方がしっとりした印象

ポルトガルの首都、
リスボン
ベレンにある
ジェロニモ修道院の修道女達によって、
18世紀以前に発明されたと信じられている。

※ウェキペディアより


こんなに食べてもお会計は€5.3!!
約640円とは驚きです。


DSC_5041

そして、アヴェイロ駅へと戻り、
今夜の宿のあるアゲダ駅へ。

14:59 乗車。

DSC_5046

11駅目です。

DSCPDC_0002_BURST20190928152848800

車内は空いており長閑だなと。
後方で咳き込み続ける、
おじいさんを除けば…。

海外の方はマスクはしないので、
怪しいなと思えば席を移動したり、
ビタミンCを多く摂ったり、
勿論手洗い・うがいをしたり、
予防の意識が大事だなと。

鉄道パスを使用し0円で移動中。

DSC_6079

予備ページの裏面迄使用中。
大分ボロボロになってしまいました。

DSC_5047

DSCPDC_0000_BURST20190928154100642

キュートな傘アートの街ですが、
駅はとっても地味でこじんまり。

DSC_5049

降り立ちながら不安になっておりました。
ただ、駅前の地図には傘アートの絵が。

_20190928_233216

左下ですね。

しかし、今夜の宿は右側。
先ずは急遽取った宿を目指します。

DSC_5051

DSC_5052

住宅街を進んでおります。
自前のコピー地図と、
先程の地図の写真を交互に確認し、
順調に進んでおります。

DSC_5053

区民施設?プールです。
目印でもありますね。

_20190928_165102

初めてこの景色を見た時はちょっと感動。
傘アートの街に来たんだなと。

DSC_5056

この方も目印であります。

_20191107_091749

青丸がアゲダ駅。
赤丸が上の像です。

なので、目指す宿はもう直ぐのはず。

_20190928_233216

DSC_5058

歴史を感じさせる建物が出現。

DSC_5059

この側がホテルであります。

因みに後ろの通りはこんな感じです。

DSC_5073

迷いそうですので挑戦せず。笑

DSC_5063

道路沿いにドンと構える建物が今夜の宿。

【IN GOLD HOTEL&SPA】約5.300円

DSC_5082

車で来る方がメインの気がします。
チェックイン手続きを済ませ部屋へ。

_20191107_092203

空間、棚、机、便利な配置で、
清掃も行き届いており清潔で良いなと。

_20191107_092240

そう言えばポルトガルでは、
部屋の水がビンな気がします。
たまたまでしょうか・・・?

_20191107_092417

カード式であり、
案内が書いてあり有難い。

今回の旅では口頭で朝食時間等、
全部言われて終わりの場合もあり、
急いでメモに取る時もありました。

_20191107_092321

DSC_5067

洗面スペースも広くて良いですね。
シャワースペースが広いのも有り難い。

長閑な環境だからこそ、
広めに作れたのかなと。

DSC_5066

窓からの景色はこちら。笑
徒歩圏にコンビニは無く、商店です。

旅も終盤ですので、
逆にこういう静かさも良いなと。

そして、旅慣れの片鱗が現れ、
現在時刻から日の入りを逆算。

先ずは非常食の仕入れに。

_20191107_092509

赤丸の”コアラショッピングセンター”へ。
青丸がホテルです。

近況報告にも書きましたが、
結果を言えばほぼ廃屋。。。

IMG_20190928_234859

近くに、
プチショッピングモール風の
建物もありましたが、
活気がないなと。

DSC_5076

DSC_5078

観光地では無いのかなと思いました。

このエリアで一番活気があるのは、
風船が目印のこの通りかなと。

_20191107_092602

ポツポツとお店が並んでおります。
ただ、地元民が多く利用している印象で、
入る気分でも無かったので、
今夜は部屋で食べようと決心。笑

よって、帰り道の唯一の商店を利用。

DSCPDC_0001_BURST20190928175342015

基本的に袋は貰えないので、
事前にポケットに袋を持参。

ギリシャか何処かのスーパー袋です。
厚みがあり頑丈でしたので、
何か使えるかなと思い持っておりました。

店主のおじさんに袋を見せると、
”NICE”と言ってもらえ嬉しかったなと。

DSC_5117

ホテルに戻り、少し腹ごしらえ。

DSC_5083

仕入れて来たモノ達です。
合計で€4.1(約500円)
物価が安いって良いですね。笑

賞味期限が長そうなものをセレクト。
田舎の商店ですと、
たまーに期限切れの商品を
売っている場合もあるので。。。

そして一休みし、プールへ。
プール画像が素敵だった事もあり、
この宿にしたので体験しないとなと。

DSC_5112

0から始まる階数に慣れません…。

レセプションが0階で、
部屋のある305は5階。
スパ(プール)は4階。

初めは4階に行っても見つからず、
諦めましたが、
結果的にはドアを出て別館でした。笑

DSC_5084

トイレ、ロッカースペースもあります。
こじんまりとした空間のプールです。

DSC_5090

一応プールサイドにチェアもありますが、
3つほどで、小スペースです。

大人の恋人同士と若めのカップル、
そしてKENZ8という組み合わせ。笑

お互いやんわり邪魔だな~と思いつつ、
そこそこ泳ぎました。

クロール、背泳ぎ、平泳ぎ。
ただ、距離が短いので、
消化不良感は仕方がないかなと。

DSC_5089

サウナは暖かく生き返ります。
と言うのも、
夏場では無いので意外と寒い。苦笑

サウナ内で音楽が掛けられそうですが、
操作がイマイチ分からず断念。

タオルも本来は借りられますが、
スタッフさんが不在だったため、
KENZ8はタオル無し。

よってTシャツで簡易的に拭き、
部屋へと直行。

DSC_5091

下に見える建物が宿の建物です。
濡れた衣服で歩くには少し遠い。
少し震えておりました。笑

急いで温かいシャワーをかぶり、
無事に復活し、
お菓子と言う名の夕飯タイム。

DSC_5104

夜はブログを書いたり、
旅の行程を確認したり、
宿が変わろうと、
宿での行動はルーティーン化に。


● 9/29 朝食バイキング ●

DSC_5106

今回は朝食付きのプランの為、
早速朝食会場に。

意外とお客さんが多かったので、
全体像は写せませんでした。

DSC_5107

昔から洋食派ですので素敵なメニュー。
ハムも種類があり、
朝からチーズも食べられました。

そして、牛乳も種類がありラッキー。

DSC_5105

ただ、全く読めなかったです…苦笑
しかし、味比べを出来て良いなと。

DSC_5108

そして、
”ナタ”もあり朝から素敵な気持ちに。

食べ物も美味しく、
スタッフさんの目が行き届いておりますので、
快適に食事をすることが出来、
良いホテルに出会えたなと。

そして部屋に帰り荷物の整理。
リュック一つですので準備も簡単。

DSC_5113

これから向かう、
傘アート祭りに合わせBOSSもお着替え。

今回のヨーロッパ旅のきっかけでもある、
アゲダの傘祭り。

部屋の窓から方向を確認。

DSC_5116

奥に見えます道路を右側に向かいます。

では、チェックアウトをし出発。

DSC_5118

ある意味浮いておりますホテルです。

DSC_5119

この道を真っ直ぐと進めば着くはず。

P9290199

ちょっと雰囲気が変わって参りました。

P9290200

P9290268

見えましたね。

傘アートの期間は9月30日迄の夏期。
間に合って良かったなと。

P9290205

色々と写真を撮ったので、
次回にしっかりと載せたいと思います。

では、こんな感じで終わります。


KENZ8