独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

『2019初ヨーロッパ旅、40日』㉘シントラ・迷宮レガレイラ宮殿

P9300394


■□□■■□□ 説明 ■□□■■□□

2019年8/29出発~10/7帰国(成田)。
ヨーロッパ9カ国を旅して参りました。

ギリシャ→イタリア→スイス
→ドイツ→オランダ→ベルギー
→フランス→ポルトガル
→スペイン

リアルタイムで近況報告を更新し、
こちらは本編として、
多くの写真、旅での出来事、注意点等
載せて行きたいと思っております。

旅慣れしている方にとっては、
要らない部分も多々あると思いますが、
自身も詳しい他のブログで参考となり、
旅に安心して臨めた部分もあります。
よって、詳しく載せて行く予定です。

初めましての方も、
ずっと見て頂いている方も含め、
改めて宜しくお願いします。

■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□

● 9/30 アゲダからシントラへ ●


DSC_5208

傘祭りを堪能し、
8:30にはチェックアウトし駅へ。

可愛らしいAGEDA駅です。
9:13の電車に乗りAVEIRO駅へ。

DSC_5210

続いて、10:15 AVEIRO駅から、
LISBON ORIENTE駅へ。

DSC_5211

鉄道パス割引で€5のお支払。

DSC_5214


_20191116_081304

さすがはリスボン
駅がお洒落だなと。

DSC_5217

駅前には特設ステージが設けられ、
何かあるんだろうなと。

途中下車も出来ますが、
広そうなので迷子も疲れますので、
そのままシントラ駅へ。笑

DSC_5219

12:58発の電車です。

DSC_5221

派手な電車だなと。笑
車内も明るめのテイストです。

DSC_5220

こちらは鉄道パスで無料でした。

DSC_5222

SINTRA駅に到着。

駅前はピザハットがあったりと、
お店も多々あり賑やかでした。
多くの観光地もあるようで、
日本人の親子にも遭遇。

先ずは宿の確認。

DSC_5223

迷子にならぬよう駅近い宿を予約。
ただ、
余りにも近すぎて見落としました。

民泊的な宿の為、
チャックイン時間まで入れず、
15時迄は時間を潰します。

DSC_5225

駅前から少し歩けば大自然
地図を確認しつつ、
レガレイラ宮殿のルートを考えます。

DSC_5228

日陰のベンチが空いていなく暑い。
半袖で充分な気候ですね。

荷物もリュック一つですので、
気軽に動け気持ちも楽です。

そして、15時に。
チェックインをします。

DSC_5303

まだオーナーが来ておらず、
外で待つこと数分。

セクシーな優しいおばさまが登場。
何とか手続きを済ませ部屋へ。
観光税?€1の小銭が無く、
後で払う事に。

_20191116_081429

【Monte da Lua5.580円

広くは無いですが清潔ですし、
シャワー・トイレ付なので有難い。

DSC_5235

部屋にはコーヒーマシーンも。

DSC_5294

ただ、手間+
手入れも大変だろうと思い使わず。
ホテル清掃経験者ですので、
部屋は綺麗に使用し出ております。笑

16時頃、外出。


● 迷宮、レガレイラ宮殿へ ●

DSC_5240

駅からバスも出ているのですが、
徒歩でも20分程。

DSC_5241

DSC_5242

ずらっと連なる路面販売。
コルク製品、アクセサリー等、
どれも芸術的で見ていて楽しい。

そして、
お土産、食事とお店が充実しており、
歩きがお勧めです。

DSC_5245

DSC_5246

チラッとコルク製品のお店へ。

DSC_5247

DSC_5248

サンダル、財布、帽子、リュック、
コルクでここまで出来るとは驚愕です。

DSC_5252

残り5分。
看板もありますし、
観光客も多いので迷わないでしょう。

_20191116_090227

青丸がシントラ駅です。
中央のシントラ宮殿では無く、
奥のレガレイラ宮殿を目指します。

P9300287

音楽を奏でている方もおり、
楽しいですね。

P9300289

P9300290_LI

見えて参りました。

P9300292

P9300295

夕方前に訪問。

本当は明日の午前中に訪れ、
本日は下見の予定でしたが、
吸い込まれ探検しちゃいました。笑

P9300297

P9300300

P9300301

こちらが入り口です。

P9300302

18歳~64歳までは€8.

P9300303

P9300305

こちらのチケットオフィスにて購入。

P9300306

係りの人にチケットを見せ入場。

P9300308

雰囲気を出すべく、
撮影モードをダークに変更。笑

P9300310

P9300311

石造り×自然。
好きな感じで気分も上がっております。

P9300317

P9300318

こんな感じで至る所に遊び心が。

P9300319

P9300320

庭園内は自然に覆われており、
至る所に入り口が。

近況報告でも書きましたが、
一歩入れば真っ暗闇。

慌てて懐中電灯を出し、
再び出陣。

P9300323

P9300324

携帯のライトでも良いですが、
明かりが無いと難しいです。

P9300325

P9300328

P9300329

右に左に色々な通路があり、
他の観光客とも出会ったりと、
これが”迷宮”なんだなと実感。

P9300331

P9300333

P9300335

真の暗闇は興奮しますね。笑

一人を楽しみたいので、
声や明かりを感じたら明かりを消し待機。

P9300337

P9300338

地面はぬかるんでいたり、
水だったりと危ないので明かりは重要。

P9300340

何処まで進んだんだろうと思えば、

P9300341

意外と進んでなかったりと、
冒険感があり面白いなと。

P9300343

上にも下にも道が沢山あり、
これは全部歩いたら大変だなと。

P9300344

KENZ8は宮殿の中よりも、
先ずは探検を楽しんでおります。

P9300347

P9300348

非常に多くの栗が落ちておりました。
自然があると写真が潤います。

P9300349

P9300350


P9300351

気になる石の塔を発見。

P9300354

狭いですが登れたりします。

P9300355

P9300356

P9300357

中に観光客が居るとすれ違えないので、
片方が待機し譲り合い。

P9300358

眺望はこんな感じです。

P9300360

P9300361

またしても栗の木を発見。

P9300362

登ったり下りたり、体力が。。。


まだ一食も食べていない事を思い出し、
そろそろ気になるスポットを、
真剣に探そうかなと。

P9300365

P9300367

歴史には余り興味がありませんが、
時代を感じる建物は好きですので、
寄り道が多くなります。

P9300370

因みにこんな感じの空間です。

DSC_6180

マップを貰えるので、
皆さんは地図を片手に進みます。

ただ、遊び心溢れる”迷宮”ですので、
一筋縄ではいかないのかなと。


そして、運良く目的地に。
螺旋階段の井戸です。

P9300372

P9300374

「Poco Iniciatico」
地図の左上にあります。

P9300383

誰も居ないように見えて、
ワニワニパニックの様に、
ちょこちょこと人の姿が。笑

P9300386

少しずつ下へと降りております。

P9300387

やはりこちらも暗い個所は暗いので、
懐中電灯が役に立ちます。

P9300391

P9300392

”井戸”と言っておりますが、
井戸の役目はせずに、
儀式で使われたとか。

P9300393

上から下へと降りて行きますが、
本来は地獄から天国へと這い上がる、
イメージで作られたそうです。

P9300388

P9300394

下から撮る方が好きだなと。

そして、地下を進んで行くと、
次なる目的地へと到着。

P9300395

P9300396

こちらは光が埋め込まれているので、
明かりが無くても歩けるかなと。

P9300397

P9300399

何があるのかなと思い進めば、
飛び石に出くわしました。

P9300400

滝の裏側が見えます。

P9300402

洞窟の中の石が印象的。

P9300404

P9300405

髑髏大好きなKENZ8には、
髑髏に見えておりました。

P9300403

びっしりと苔で覆われている池。
余りの苔のきめ細かさに地面かと思い、
危うく進みそうでした。苦笑

P9300409

この滝を見て落ちたら危険だなと確信。
衛生面もそうですし、深さも謎。

P9300411

飛び石の間隔的にも問題ないですが、
目の前のおばあさんが恐怖のあまり
動けなくなり、
係り員がヘルプに。

考えちゃうと駄目ですね…。

P9300416

そして、無事に渡り切り帰路へ。

P9300417

P9300419_LI

飛び石は人気の場所であります。

お腹も減りましたし、
気になる場所は堪能出来たので、
帰路へと進んでおります。

P9300422

P9300425

「守護者の門」

中央にありますこのオブジェが、
一番のお気に入り。

P9300428

ギリシア神話に登場する半人半魚型の
トリトンだそうです。

トカゲ好きな為、妙に親近感。

P9300494
時折登場するトカゲ男。

ヨーロッパにも行っておりました。笑

P9300429

P9300433

自然に囲まれ冒険感も味わえ、
良い時間を過ごしたなと。

P9300435

P9300439

P9300440

P9300444

肝心な宮殿の中には入っておりませんが、
良いかなと。

昔から、テレビドラマですと、
最終回まではしっかり見て、
何故か最終回だけ見逃す自分。

根本は大人になっても変らないなと。

P9300447

P9300448

P9300445

P9300446

この顔はちょっと怖いですね。


では、帰ります。

P9300458

P9300461

P9300467

P9300473

行きに通った賑やかな場所にて、
ご飯を食べようかなと。

P9300475

P9300476

お土産屋さんも、カフェも色々とあり、
迷いつつもピンと来る迄吟味。

P9300479

P9300478

甘い物も良いですがかなりの空腹。

大きなサングリアが目立ったお店に決定。

P9300487

P9300484

とても高さがある為、
机の下におろして飲みます。笑

DSC_5262

ストローの位置が高すぎる…笑

P9300491

P9300488

こちらのマルゲリータがとても美味!!

ルッコラ&濃厚チーズが最高だなと。
空腹もあり、美味しさに感動。

DSC_5268

生地も薄生地で食べやすく良いなと。

お腹も満たされ満足。

DSC_5293

ご馳走様です!

食休みがてらお土産通りへ。

DSC_5275

DSC_5278
DSC_5279

コルク製品はカラー付きもあり、
見ていて飽きないですね。

DSC_5276

誰かと一緒であれば、
飲みながらチーズ三昧も良いなと。

そしてブラブラしつつ帰路へ。

DSC_5287

駅を超えて少し散歩。

水分は欠かせないので、
お水とおやつを仕入れておりました。

DSC_5290

駅前の宿ですので安心。
シャワーを済ませ荷物の整理をし、
ブログ作成へ。

DSC_5296

窓際の椅子を動かし机を動かし準備。

DSC_5300

玄関ドアの前が一番Wi-Fiが安定。
なので地味に夜な夜な移動。

今回の旅用に買った、
折り畳みキーボードも活躍。

DSC_5301

では、こんな感じで終わります。



KENZ8