独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

「東北」”弾丸無計画”撮り歩き旅~牛重、夕方癒しの小倉抹茶パフェ~

f:id:KENZ8:20200108100613j:plain

2017年3月中旬の訪問です。
『福島編』の続きからの更新です。

f:id:KENZ8:20200108112756j:plain
猪苗代湖『志田浜』を堪能し、
最寄り駅の関都駅まで
20分程歩いて到着。

f:id:KENZ8:20200108112717j:plain
ん?駅はどこだ?

f:id:KENZ8:20200108112850j:plain
奥にありました!
もう正面がホームの様です。

f:id:KENZ8:20200108102725j:plain
いわゆる無人駅”という駅でした。

果たして次の電車はいつなのでしょうか。

f:id:KENZ8:20200108112949j:plain
現在時刻 13:47


会津若松方面は・・・

約1時間40分後。

『郡山』方面に乗りましょう。

P3123726
ワンマン運転電車の乗り方・降り方】
一生懸命に読みました。

無計画の旅、
こうやって進む方向が決まります。

P3123728
電車が来るまでは関都駅の撮影。

f:id:KENZ8:20200108102829j:plain

f:id:KENZ8:20200108102902j:plain
乗車場所が若干違うのですな。
まだ並ぶには少し早いので駅舎の中へ。

f:id:KENZ8:20200108102948j:plain
小さな空間、誰も居ない。
よって自由に出し入れ。笑

P3123732
そして、早目にスタンバイ!!笑

P3123733

f:id:KENZ8:20200108103047j:plain
P3123741
右にあります”ボタン”を押して開けます。

P3123742
切符は買う所が無かったので、
車内で車掌さんから購入。
関都駅」~「郡山駅」 580円。

f:id:KENZ8:20200108113124j:plain
ここは頭を使いました。
郡山駅”で何か食事処でも撮ろうかと
思いましたが、
本日の宿はまだ未定。

都会と違い電車のアクセスの関係もあり、
まだ止まらない方が良いかなと直感。

f:id:KENZ8:20200108103141j:plain

せっかくですので、
”一旅に一県”ではなく、
山形県
まで行ってしまおうと考案。
P3123748
予定外の新幹線の出費は痛いですが、
再びバス旅にて山形へ行く
交通費を考えればアリかなと。

P3123749
久し振りの新幹線にワクワク。

P3123751
現在熟読中の「代償」と共に。

マインドコントロール・・・
二転三転・・・

見応えがある作品です。

P3123752
山形県』へ到着。
郡山駅」~「米沢駅」 2,870円

僅か、50分で遂に山形県入り。
20県目の訪問地であります。

f:id:KENZ8:20200108103240j:plain 

f:id:KENZ8:20200108103325j:plain

ホームに堂々と立っておりました。
やはり米沢牛は食べたいです。

駅にはこんなものも。
P3123758
雪国地方ならではのものだなと実感。

現在時刻16:30、米沢駅に到着。

 

未だに無計画ですが、
駅構内2階にありますお土産処へ。
P3123768

f:id:KENZ8:20200108113359j:plain

少し覗いてみましたが荷物を考え保留。

f:id:KENZ8:20200108103523j:plain

f:id:KENZ8:20200108103609j:plain

”腹が減っては戦は出来ぬ”

せっかくですので米沢牛を食べに!
お店の立ち並ぶ通りを往復し、決定。

f:id:KENZ8:20200108113446j:plain

f:id:KENZ8:20200108113521j:plain
※メニューの一部
メニューが値段付きなのも有り難い。

f:id:KENZ8:20200108103702j:plain

【まるぶん】
雰囲気も良さそうですので入ります。


P3123791 

f:id:KENZ8:20200108103814j:plain

出入り口でお花に迎えられるのは
気持ちが良いです。

f:id:KENZ8:20200108103909j:plain

畳席もあり、テーブル席もあり、
ちなみにKENZ8は手前のテーブル席へ。

P3123774
何を食べようか迷いましたが、
リーズナブルに、
そして素早く食べられそうなので
「牛重」を注文。

牛丼なら聞きますが、
”牛重”とはあまり聞いたことがないなと。

f:id:KENZ8:20200108104023j:plain

待つこと数分でご対面。
お味噌汁と、お漬物も付いておりました。
これで1,150円!!

f:id:KENZ8:20200108104136j:plain
枝豆のアクセントが食欲をそそります。
柔らかそうなお肉が視覚で感じられ、
味も染みているんだろうなと。

f:id:KENZ8:20200108104225j:plain
では、頂きます。

f:id:KENZ8:20200108104313j:plain
う~ん旨い!!
やはり肉が違います。


ご飯との絡みの相性も良いですし、
お肉が柔らかいので箸が進みます。

f:id:KENZ8:20200108104437j:plain
甘だれのたまねぎも染みていて美味。

 

因みにKENZ8は両利きですので、

(字は右で食事が左(右も対応))

なので食事写真も撮りやすい。笑

f:id:KENZ8:20200108104800j:plain
実は。。。
入店時はおじさん、おばさんの
山登りグループで荷物がわんさか。

余りの散乱に写真が撮れない…。


幸い、電車の時間が迫っていたようで
20分程で帰られたので、
のんびり米沢牛を目でも舌でも、

堪能する事が出来ました。

f:id:KENZ8:20200108105105j:plain
そして、手帳の日本地図を眺めて、
次なるプランを考案中。
この後はどうするか。。。

f:id:KENZ8:20200108105205j:plain
遠くには夕焼け風景。

現在時刻 17:30
現在宿無し。



美味しいものを食べ、
何だか満足してしまったので
お土産を買い、このまま帰ろうかなと!

f:id:KENZ8:20200108105726j:plain
駅前まで戻って参りました。

f:id:KENZ8:20200108105649j:plain

 

なんだか甘いものが食べたいな・・・。

このまま帰るのも勿体ないなと。
という事で、

f:id:KENZ8:20200108105833j:plain

駅前にて甘いものを食べて帰ります!

f:id:KENZ8:20200108105919j:plain

※後ほど撮影の為もう暗いです。

駅の向かい側にありますこの建物の、
左上、2階になります。

f:id:KENZ8:20200108110133j:plain

【カフェ マレット】

では、二階へ上がりましょう。

f:id:KENZ8:20200108110249j:plain

扉の横にメニューが貼ってあるのも
有難いですな。

f:id:KENZ8:20200108110327j:plain

では、入ってみます。

f:id:KENZ8:20200108110619j:plain

f:id:KENZ8:20200108110721j:plain
お客様は他に居らず貸し切りです。

静かにゆっくり写真を撮れるので、
逆に有難いタイミングでした。

f:id:KENZ8:20200108110815j:plain
大きな窓の解放感が良いなと。

写真の関係で奥の席に座りましたが、
夕方の街並みを見るのも良いなと。

f:id:KENZ8:20200108100613j:plain

看板のメニューで気になっていた
”小倉抹茶パフェ”を注文。

この生クリームの高さ
鮮やかな抹茶パウダーが印象的。

f:id:KENZ8:20200108111014j:plain
しっかりと絞られた生クリームが
たっぷりとトッピングされ、
インパクトが凄いです。


初めての土地で頂くお食事は、

味だけでなく思い出にも残ります。

f:id:KENZ8:20200108111139j:plain

f:id:KENZ8:20200108111251j:plain

あんこは二層に分かれて入っております。

そして、
背景に夜景なるものを入れ、撮影。
店先での席選びは重要です。


そして、モタモタしていましたら・・・

f:id:KENZ8:20200108111432j:plain
傾いて来てしましました。笑

では、食べましょう。

 

生クリーム好きな方にも満足して
頂けると思いますし、

しつこい甘さでは無いので、

意外とペロリと食べられました。


この時間は静かで居心地が良いです。

◆おもしろ情報◆

こちらの店内で、
お隣のお弁当が注文出来、
店内で食べられるそうです。

カフェでお弁当、新鮮ですね!!笑


携帯電話を片手に帰路の調整・計画。
やはり今回は帰ります。


そして、お土産を買いに駅へ。

f:id:KENZ8:20200108111621j:plain

県の形とマスコットのシルエットが同じ。

こういう小さな発見も良いですね。

f:id:KENZ8:20200108111558j:plain
先ほどのお土産屋さんの1階部分と、
右に見えますKIOSKで購入。

P3123839

高速バスはもう無いので、福島駅へ。

f:id:KENZ8:20200108113821j:plain
米沢駅」~「福島駅」 760円。

P3123841
旅のお供はこのリュックのみ(BOSS入り)
しっかりとお土産も買えました。

車内では読書タイムを再び。
”旅と読書”は切り離せない関係です。

f:id:KENZ8:20200108111855j:plain
P3123844
バス旅も良いですが、
この様に状況に応じて電車を入れるのも
大事かなと思いました。

米沢駅より約1時間。
初の「福島駅」に到着。

f:id:KENZ8:20200108112022j:plain
若干、駅前にはイルミネーションが。

f:id:KENZ8:20200108112118j:plain
せっかくなので福島の夜も
堪能したかったのですが・・・

再び新幹線で帰りました…。

P3123852
これからは無計画過ぎるのも反省し、
その土地の電車状況、街情報、
大まかには把握して行こうと思った
そんな日帰り旅でした。

f:id:KENZ8:20200108112231j:plain
今回のお土産は~!!!

f:id:KENZ8:20200108112306j:plain
旅先でお土産を購入し、
毎日の働きの中で余韻に浸り食す。

そして、
また旅の味を手に入れに、旅立つ。

f:id:KENZ8:20200108112417j:plain

これにて、
20県目制覇!!!
※2017年3月時点

 

では、終わります。

 

KENZ8