独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

2020年ベトナム・ハノイ撮り歩き驚きの連続旅➊実際の感想と共に。

f:id:KENZ8:20200222121820j:plain

2020年2月22日

 

昨日、無事に帰国して参りました。

今回は2泊4日の短い旅でしたが、

とても良く歩き、

文化の違いを肌で感じ、

とても内容の濃い旅でした。

 

では、実際の旅の様子をご紹介。

f:id:KENZ8:20200221195459j:plain

2/18㈫

成田を9:30に出発ですので、

始発に乗り先ずは東京駅へ。

 

KENZ8はバスにて空港に向かいます。

前回お知らせしていたこちら↓

f:id:KENZ8:20200214100940j:plain

バスが統合され本数も増えており、

とても便利でした。

もう横断歩道を渡って歩く事は無く、

八重洲南口の目の前にて乗車。

 

事前予約の指定席は⑧番線、

予約無しの自由席は⑦番線。

 

今回は平日の早朝6時の感じですが、

指定席は既に残席無しと△表示。

f:id:KENZ8:20200221195557j:plain

しかし⑦番線の自由席はガラガラ。

10分間隔で運行されているので、

スムーズに乗る事が出来ました。

 

昔であれば予約無しで行くと、

一台のバスに対して2,3人が運良く乗れ、

自分は何台目に乗れるんだろう・・・

という感じでしたが、

 

一台、約40席以上全てが自由席、

(予約無し)ですので大変便利だなと。

f:id:KENZ8:20200221195629j:plain

料金は乗車時に1.000円です。

大きな荷物が無ければ、

荷物の引換券を貰う事も無いので、

降車時もそのまま降りるだけ。

 

6時の便は44席中17席が利用。

注意点としては、

外国人の方がスノーボードを持っていて、

電車で行くようにと言われていたので、

大型スーツケースは可能でも、

ボードサイズは乗れないのかなと。

※事前にお調べ下さい

f:id:KENZ8:20200221195719j:plain

成田空港第二ターミナル。

今回はベトナムハノイです。

”Vietjet Air"を利用しました。

 

この時は往復約30.000円と格安!

ですので出発2時間前の7:30からは、

ハノイ便には長い列が。

 

コロナの影響もあり、

空港職員、利用客とマスク姿が多々。

色々な国の方が居るので、

色だけでなくマスクの形が豊富だなと。

f:id:KENZ8:20200221195748j:plain

荷物検査もし、早目早めの行動。

意外と時間が無くバタバタ。

水とお菓子を購入し着席。

 

事前に調べて無かったので、

過酷な6時間が流れました。苦笑

 

安い飛行機ですので、

機内食、飲料は全て有料。

座席は狭く機内は暑く、

通路側が選べなかったので、

色々と大変でした。

f:id:KENZ8:20200221195830j:plain

なのでお菓子を買ってたのが救いで、

何とか体調を壊さずにハノイへ。

 

良かった点は、

機内アナウンスに日本語があり

隣のおじさんが細見だった事です。笑

f:id:KENZ8:20200221195920j:plain

ハノイノイバイ国際空港に到着。

両替所とSIMのブースが同じで、

便利だなと。

先ずは15.000円を両替。

3.135.000ドンになりました。

 

この0の多さに戸惑います。

10.000ドン=48円

 と考えていれば大丈夫だと思います。

 

先ずはバスに乗り市街地へ。

 タクシー乗り場があり、

その向こう側に止まっております。

「86番」バスに乗車。

f:id:KENZ8:20200222091503j:plain

 既に席は埋まっており約50分程立ち乗り。

支払いは車内にて走行中に行い、

係りの方が来てくれます。

35.000ドン(約170円)

 

乗ったは良いですが、

降りる場所が分からないので、

印刷した地図を手に持ち、

係りの方に確認。

 

その行動をしておくと、

大概は親切心で降りる時に、

合図をしてもらえます。笑

f:id:KENZ8:20200222092918j:plain

※宿で貰った地図です

今回はホアンキエム湖のエリアに宿泊。

赤の④番が宿です。

合図を貰い降りたのですが、

現時点が分からず、

とりあえず湖で考えようと移動。

f:id:KENZ8:20200222092554j:plain

 午後4時のホアンキエム湖。

日本との時差は2時間であり、

日本は夕方6時という感じです。

f:id:KENZ8:20200221195209j:plain

バイクの多さが衝撃でした。

心構えはあったのですが、

ここまで無法地帯だとは。

渡る行為自体ががひと苦労でした。

 

流れが途切れる事は無く、

渡ろうとしている人が居ても、

止まってくれる事は無いです。笑

 

パトカーでさえも止まってくれず、

文化の違いに笑うしか無かったです。

今なら行けると急な小走りが危なく、

ベストは、

ゆっくり一定の速度で渡り切る。

時には道路上で少し立ち止まり、

数台流して渡ることも。

 

道によっては、

”横断歩道があるから安心”

と言いたいですが、

青でも普通に数台は走って来ます。

日本だと直ぐに捕まるパターンでも、

その数が多すぎるのか、

取り締まりは不可能なんだなと。

f:id:KENZ8:20200222092629j:plain

歩道を歩きたいのですが、

バイクがしっかりと歩道に並んでおり、

路上でご飯も食べるので、

”歩道ってなんだろう”となり、

車道を歩く事が多かったです。笑

 

ヨーロッパ同様に、

道に名前が付いているのですが、

縦横、斜めと道が複雑で、

至近距離でも迷子の連続でした。

f:id:KENZ8:20200222093916j:plain

今回は飲み友達との二人旅であり、

宿も近くで別々でした。

相手を送った後に自分の宿を探し、

此処でもひと苦労。

 

宿の名前を見せて着いたのですが、

チェックインを頼んだところ、

山盛りの薬草が到着…笑

 

お高いホテルでは無いので、

飲食店と経営が同じかなと思い、

座る様に言われたから座ったのですが、

確実に違うと思い店外へ。

 

別の人に聞くと、

更に隣だと。

f:id:KENZ8:20200222100956j:plain

宿のベランダからの写真ですが、

歩道の狭さが分かると思います。

f:id:KENZ8:20200222101122j:plain

f:id:KENZ8:20200222101342j:plain

コンセントも複数個所あり、

Wi-Fiもありますし、

とりあえず宿は良いかなと。

一泊2.000円程度でした。

物価の違いを感じますね。

f:id:KENZ8:20200222101522j:plain

石鹸や歯ブラシと最低限用意されており、

ここで2日間を過ごします。

【Hanoi Old Quarter House】

f:id:KENZ8:20200222103750j:plain

ベランダで閉じ込めにあっても怖いので、

写真だけ撮って終わりました。

f:id:KENZ8:20200222104207j:plain

やっと観光の開始です。笑

と言いましても18時頃なので、

湖付近を散策し、夜ご飯が目的。

f:id:KENZ8:20200222103901j:plain

アオザイです。

f:id:KENZ8:20200222104548j:plain

優しい店員さんでしたので、

撮らせて頂きました。

f:id:KENZ8:20200222104650j:plain

f:id:KENZ8:20200222104815j:plain

バイクだけじゃなく車も多いです。

湖の周りには飲食店が多々あるので、

湖を目指しております。

f:id:KENZ8:20200222105012j:plain

コロナ対策&排気ガス対策か、

ここでもマスク姿の方が多かったです。

f:id:KENZ8:20200222105139j:plain

ドンキンギアトゥック広場

湖の直ぐ側で店舗が多く集まってます。

f:id:KENZ8:20200222105838j:plain

f:id:KENZ8:20200222105554j:plain

やっと本日二回目の湖へ到着。

f:id:KENZ8:20200222110031j:plain

f:id:KENZ8:20200222110236j:plain

夜間になるとライトアップが綺麗です。

f:id:KENZ8:20200222110409j:plain

ホアンキエム湖の周囲には、

レイクビューのお店が多々あり、

何処に入ろうかなと。

f:id:KENZ8:20200222110557j:plain

f:id:KENZ8:20200222110653j:plain

【Đình Làng Restaurant】

テラスが空いており、

雰囲気が良さそうでしたので入店。

f:id:KENZ8:20200222111333j:plain

眺望も良くゆっくり出来ました。

丁度過ごしやすい気候ですので、

テラス席で良かったなと。

f:id:KENZ8:20200222111453j:plain

飲み友はこちらを頼み、

自分はコンデンスミルクの入った珈琲。

f:id:KENZ8:20200222111627j:plain

エッグコーヒーを飲みたかったのですが、

こちらには無かったです。

 

同時に注文したのですが、

自分の到着には大分時差が…

海外ですし慣れましたね。

f:id:KENZ8:20200222111952j:plain

そして、

飲んだら普通のブラックコーヒー。

ま、いいかと半分飲んだら、

底にはコンデンスミルクが!

なるほど~

甘くて美味しかったです。

f:id:KENZ8:20200222112145j:plain

そして、ネムザンNem Rán)も。

珈琲との組み合わせになった訳は、

落ち着くまでに大分時間が掛かり、

とにかく空腹状態。

夕飯を見付ける迄の繋ぎで注文。

 

先ずは、郷土料理一食目を堪能。

 

旅先では行き当たりばったりで、

お店に入りますが、

妥協はしないので空腹に陥ります。笑

f:id:KENZ8:20200222113256j:plain

とりあえず湖の周りを一周歩きながら、

ちょこちょこ撮影。

f:id:KENZ8:20200222113652j:plain

f:id:KENZ8:20200222113728j:plain

さすがに歩道も広いです。

ようやく落ち着いて歩けます。

f:id:KENZ8:20200222114006j:plain

湖に浮かぶオレンジ色の正体はこちら。

f:id:KENZ8:20200222114115j:plain

『亀の塔』と呼ばれており、

亀に剣を還した場所と伝説があります。

ホアンキエム湖は、

漢字で書くと”還剣”と書くそうです。

気になる方はお調べ下さい。笑

f:id:KENZ8:20200222114844j:plain

f:id:KENZ8:20200222114924j:plain

巨大なネズミと遭遇。

可愛いので撮ってみました。

f:id:KENZ8:20200222115038j:plain

この辺りでは良く見かける光景です。

何グループか居ります。

 

別日でしたが、

商店の前の路上でも、

買い物中のおばさんが、

フラッとエクササイズ感の

健康的な時間がありました。

f:id:KENZ8:20200222115718j:plain

明るい時間の湖周辺では、

若者だけでなく、

中高年のおばさんが、

バトミントンに勢を出していたり、

ベトナムでは巨漢を見ない理由かなと。

f:id:KENZ8:20200222120242j:plain

光の反射が美しいですね。

f:id:KENZ8:20200222115806j:plain

歩道に突如と建物が。

f:id:KENZ8:20200222115909j:plain

ライトアップの効果で紅葉感に。笑

f:id:KENZ8:20200222120354j:plain

Hoa Phong Tower

過去にこの場所に建っていた

建造物の一部らしく、

歴史があるそうです。

※気になる方はお調べください

f:id:KENZ8:20200222120856j:plain

横断歩道の奥の空間に銅像が。

f:id:KENZ8:20200222121003j:plain

雰囲気を伝えるべく撮り歩き。

kenz8は興味の対象が狭いので、

解説は特に期待しないで頂ければ。笑

f:id:KENZ8:20200222121417j:plain

湖に架かる赤い橋が気になり、

小道を歩いております。

f:id:KENZ8:20200222130130j:plain

水は綺麗では無いので、

落ちないようにご注意下さい。

※知らない観光客越しに撮影

f:id:KENZ8:20200222121623j:plain

京都の様な写真になったなと。

それにしても反射が綺麗ですね。

f:id:KENZ8:20200222121820j:plain

何人か撮りに来ている方と遭遇。

狭いですので譲り合って通ります。

f:id:KENZ8:20200222121946j:plain

一人旅では無いので、

夜間でも安心して撮影が出来ます。

ただ、この安心が、

後の事件を生むのですが…。

f:id:KENZ8:20200222122258j:plain

写真がまだあり、

一日目がまだ終わらないので、

続きは次回に書こうと思います。


では、ベトナム

宜しくお願いします。

 

 

KENZ8