独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

目的は山?APA?久しぶりのバス旅で新潟へ❷~熊出没注意に備えて~

f:id:KENZ8:20200628093224j:plain
2020年6月28日

 

では、続きからの更新です。

一両列車に乗り約1時間、

糸魚川駅に到着しました。

f:id:KENZ8:20200628091453j:plain

駅前の銅像もマスクを着用。

再び気を引き締め感染対策をし、

旅をさせて頂きます。

f:id:KENZ8:20200628091630j:plain

今度は路線バスに乗り別所まで。

f:id:KENZ8:20200628091659j:plain

AM8:30のバスに乗ります。

発車時間まで一時間程ありますので、

トイレに行ったり、

コンビニで食料調達をします。

 

目的地には食事処はありません。

そんな所へ向かいます。

f:id:KENZ8:20200628091846j:plain

観光地でも無ければ平日ですので、

バスはガラガラです。

一番奥に座り終点まで乗ります。

f:id:KENZ8:20200628091920j:plain

長閑な風景が広がっております。

貴重な交通の足ですので、

全ての道を進んでいる様で、

行ったり来たりな印象です。

f:id:KENZ8:20200628091946j:plain

相変わらず目は不調が治らないので、

サングラスは欠かせません。

そして、

乗り物に乗る際はマスク着用がマナー。

 

新潟の方は皆さん全員マスクで有難い。

長閑な景色は癒されますが、

意外と乗車時間は長いです。

f:id:KENZ8:20200628092021j:plain

田んぼ、田んぼ、田んぼ。

一時間ほど乗車し到着。

f:id:KENZ8:20200628092054j:plain

AM 9:24 

ここから山歩きを開始します。

f:id:KENZ8:20200628095916j:plain

OLYMPUSカメラを出し、撮影開始。

あちらのバスに乗って参りました。

帰りのバス時間は、

12:30又は15:00

この時間の空きが都会とは違いますね。

f:id:KENZ8:20200628100024j:plain

バス亭目の前ではおじいさんが作業中。

素敵な光景ですね。

f:id:KENZ8:20200628100231j:plain

足元には可愛いお花が咲いておりました。

では、バス停を背に右へと進みます。

f:id:KENZ8:20200628100337j:plain

f:id:KENZ8:20200628100432j:plain

こんな感じの道を進んで行きます。

f:id:KENZ8:20200628100537j:plain

緩やかな上り坂が続くので、

暑さもあり既に体力が・・・。

f:id:KENZ8:20200628100645j:plain

f:id:KENZ8:20200628100729j:plain

気温はそんなに高くなかったようですが、

日差しがありましたので、

小まめに止まっては水分補給。

f:id:KENZ8:20200628101538j:plain

何処を見ても緑に囲まれ気分転換。

周囲には誰も居ないのでマスクは外し、

日陰を見付けては一休みの繰り返し。

f:id:KENZ8:20200628101806j:plain

やっと建物が見えました。

f:id:KENZ8:20200628102042j:plain

右側の道へと進みました。

f:id:KENZ8:20200628102105j:plain

f:id:KENZ8:20200628102145j:plain

この”しろ池”を目指しております。

f:id:KENZ8:20200628102257j:plain

因みにこのエリアには自動販売機があり、

トイレもあります。

ただ、

建設会社の仮設事務所の敷地の様な?

自動販売機使いま~す”と、

一応伝えておきました。

 

トイレに関してはこの先に別にあるので、

そちらをお勧めします。

f:id:KENZ8:20200628102949j:plain

歩いているとお地蔵さんが。

立派で綺麗なお花だなと思えば、

造花でした。笑

 

ただ、人は通らないですし、

通った車はたった一台。

造花がベストだと思いました。

f:id:KENZ8:20200628104837j:plain

とても大きな木の残骸のようなものが。

此処は何処だろうと近くの看板を確認。

f:id:KENZ8:20200628105024j:plain

原の館付近でした。

原の館にはトイレがあります。

f:id:KENZ8:20200628110834j:plain

f:id:KENZ8:20200628105230j:plain

”熊出没注意”の紙が気になり、

トイレのドアを開けるのに妙に緊張。笑

綺麗なトイレで助かりました。

f:id:KENZ8:20200628105739j:plain

裏側にはベンチ。

少し水分補給をし休憩。

 

こちらから徒歩15分で”しろ池”と、

書いてありましたが、

結果的には道を間違え疲れる結果に。

f:id:KENZ8:20200628111008j:plain

この矢印は車に対してだったのか?

矢印通り草道の方に進んだのですが・・・。

f:id:KENZ8:20200628111226j:plain

f:id:KENZ8:20200628111458j:plain

熊に出会いそうな雰囲気でしたので、

片手に小銭入れを持ち、

終始、

即席の”鈴”を鳴らしておりました。笑

f:id:KENZ8:20200628111958j:plain

f:id:KENZ8:20200628112044j:plain

一応、遊歩道が見えているので安心です。

池って下にあるイメージですが・・・

f:id:KENZ8:20200628112321j:plain

山の上の方ですし、

電波は無かったです。苦笑

f:id:KENZ8:20200628112516j:plain

????ん???

道路に出て参りました。

 

改めて看板を見直しております。

???

小さいですが手前の木の矢印は、

しろ池は『左』を向いており、

奥の案内の矢印は『右』。

f:id:KENZ8:20200628112731j:plain

ハイキング者用と車用、

ちょっと良く分からなく混乱しました。

今度は道路に沿って歩いて行きました。

f:id:KENZ8:20200628113522j:plain

展望台風の場所に到着。

f:id:KENZ8:20200628113614j:plain

こんな感じの景色が見えております。

因みに、

登山客など誰にも遇っておりません。

f:id:KENZ8:20200628113756j:plain

既に15分以上は経っていますし、不安。

f:id:KENZ8:20200628114730j:plain

もう直ぐかなと、

期待の出来そうな光景も見えるのですが、

これは違うと思い引き返しました。

 

f:id:KENZ8:20200628115010j:plain

再び道路上を歩きます。

f:id:KENZ8:20200628115324j:plain

やっと看板に出会えました。

f:id:KENZ8:20200628115414j:plain

白池は目と鼻の先にありそうです。

f:id:KENZ8:20200628115520j:plain

これですね~

f:id:KENZ8:20200628115648j:plain

緑溢れるとても静かな池。

水面の反射も良い感じです。

天気がもっと良ければより映えるなと。

f:id:KENZ8:20200628120036j:plain

f:id:KENZ8:20200628120845j:plain

とっても感動する感じではありませんが、

頑張って歩いた先での光景は良いものです。

f:id:KENZ8:20200628120237j:plain

池の向かいには休憩所と右にはトイレ。

f:id:KENZ8:20200628120339j:plain

ここで買っておいた菓子パンを食べ、

少し休みます。

※目の前のウッドデッキは壊れており危険です。

f:id:KENZ8:20200628120542j:plain

建物の中にはこんな感じに色々と説明が。

f:id:KENZ8:20200628120659j:plain

f:id:KENZ8:20200628120753j:plain

 ちゃんとBOSS君も居ります。笑

f:id:KENZ8:20200628122004j:plain

梅雨をイメージして服を作成。

f:id:KENZ8:20200628122255j:plain

では、中途半端ですが一度終わります。

 

KENZ8