独学カメライターKENZ8の旅人生 

オリジナルの旅キャラBOSSと、国内・海外をのんびり訪問。また、日常も含め自由に書いていきたいと思います。

20年前の”BR”藤原竜也を堪能~最近の俺的DVD映画情報~

f:id:KENZ8:20200826223309j:plain

2020年8月28日

 

最近は深夜に映画を良く観ております。

DSの”とび森”ブームは少し落ち着き、

部屋改装程度で終了。

f:id:KENZ8:20200828171855j:plain

二階の寝室です。

ナポレオンフィッシュの虜となり、

地下室には6匹が居ります。笑

という事で合計7つ子。

 

では、最近の映画報告です。

”騙された系”です。

f:id:KENZ8:20200821231354j:plain

f:id:KENZ8:20200821231405j:plain

数年前に一度観賞し、

その時はまだ全部は理解できず。

 

内容は大まかには知っていても、

普通に楽しめました。

ネタバレは出来ないので書きませんが、

とても巧妙だなと。

 

続いてはこちらです。

f:id:KENZ8:20200821231414j:plain

f:id:KENZ8:20200821231428j:plain

ちょこちょこと流れていた予告の感じとは、

良い意味で違い裏切られました。

 

たまにあるのが、

予告でハラハラドキドキ感を増大し、

実際には完全燃焼出来ずという結果。

 

今回はまさか、そう来たか!

しっかりと楽しめました。

キャストもピッタリで良かったなと。

そして、

現役医師の原作だからこそ、
リアリティが増したのかなと。

 

つづいてはこちら。

f:id:KENZ8:20200826223309j:plain

f:id:KENZ8:20200826223321j:plain

この組み合わせはブームとなったあの作品。

2000年公開のバトルロワイアル

 

もう20年も前の作品です。

公開前に国会で質疑をされるなど、

過激な内容、描写からR15指定となり、

賛否両論巻き起こったそうです。

その頃12歳のKENZ8は観れず。

 

大人になってから一度観賞しましたが、

その頃は表面の殺し合い部分が主で、

作品の深さ、メッセージ性には気づけず。

 

改めて観賞し、

深作欣二監督の描く世界に、

メッセージに心を打たれました。

f:id:KENZ8:20200826223116j:plain

舞台となる学校の教師が、

ビートたけしさんなのがとても大きく、

残酷な事を軽く言う怖さが逆にありました。

f:id:KENZ8:20200826223144j:plain

蜷川幸雄さんに鍛え抜かれたからこそ、

既に現在の藤原竜也さんが此処に居ます。
存在感、熱さ、発声、

見た目は初々しいですが、

やはり藤原竜也さんには引き込まれます。

f:id:KENZ8:20200826223208j:plain

画面に映る強さは唯一無二の柴咲コウさん。

中学生たちが残り一人になるまで

殺し合いを強要される今作。

 

躊躇する者、自殺する者、

共同防衛をする者、立ち向かう者。

柴咲コウさんは生き残るべく、

自ら殺しに行き意志の強さが光ります。

 

ヒロインの女性は前田亜季さんで、

繊細な中にある強さ、優しさ、

藤原竜也さんと生き残るべく、

最後まで奮闘します。

f:id:KENZ8:20200826223237j:plain

若いですね。笑

今も活躍し続けるお二人。

20年前から顔が出来上がっております。

f:id:KENZ8:20200826223252j:plain

こちらの二人は転校生で、

20歳過ぎてから中学生役をやるからこそ、

とても良いスパイスとなっております。

 

中学生たちの殺し合いを、

迫力あるものに変えてくれております。

 

中でも山本太郎さんが個人的には良く、

作品に欠かせない存在だと思います。

 

あくまで個人的な解釈ですけれども、

子供達が武器を持たされ強制的に、

殺し合いをさせられておりますが、

それは社会で生き延びる事の、

例えにも感じます。

 

頭を使って体を使って自らの意志で、

勝ち取り生き続けなければならない。

そして、

最後の一人になって終わりではなく、

ここからが本当に大変なんだと。

 

あまり詳しくは書けませんが、

是非、観て欲しいなと。

 

表面上の殺し合いを、

”不快”の一言で片づけるのではなく、

深作欣二監督が魅せる世界を

感じて貰いたいです。

f:id:KENZ8:20200826223701j:plain

エンディングのこちらの歌が、

非常に作品世界にマッチし、

気持ちよく観終わりました。

 

最後にこちら。

f:id:KENZ8:20200826223728j:plain

高橋一生×蒼井優 ロマンスドール。

f:id:KENZ8:20200828185645j:plain

主演のこのお二人が本当に良いなと。

とにかく繊細な演技が出来るからこそ、

人と人が出会い、繋がり、壊れる等、

自然でリアルだなと。

 

そして言い方は悪いですが、

美男美女でキラキラしていないからこそ、

生身の人間に見え、

作品世界に浸かれるなと。

f:id:KENZ8:20200828185656j:plain

夫婦となり距離が近くなるからこそ、

言葉、会話って大事なんだなと。

そして、

嘘を抱えてのスタートはダメですね。

 

ドール工場の方達も良くて、

押し付けない笑いと涙の作品です。

 

個人的には色々ありましたが、

ピエール滝さんの存在感も好きです。

f:id:KENZ8:20200826223752j:plain

社長役です。

ラブドールは大人のおもちゃ、

風俗用品の様ですが、

シリコン製だったりとリアルです。笑

 

やはり映画TIMEは良いですね。

 

f:id:KENZ8:20200826223821j:plain

写真はイタリアでの1枚。

ピサでピザを食べていた時に撮りました。

 

では、誕生日まで1週間を切りました。

今年はどんな日になるのか。

 

こんな感じで終わります。

 

 

KENZ8